ホーム

Admin

SITE MAP

Cut

Res

ブックマーク

RSS

MAIL

PageTop

PageBottom

2011/12/14(Wed) 09:44

838 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:02:18 ID:lAB7GErM



戦争編が終わって
これで地図AAを作らずに済むとホッとしているぞ
___  __________
      ∨
    ,,,,,,,,,,,    ||    ||   ,,,,,,,,,
   [,,|,,,★,|,]   ||    ||   [,|,★,,,|,]    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)  目    目  (・∀・ ) <  血で血を洗う戦争は終結。
   ( つ  )つ       ⊂ NKVD,)  | 滅亡の危機を脱したかに見えた
  ┃レ __   | ̄ ̄ ̄ ̄ | ___,ノ┃ | ボリシェビキだが、
  ┗━┳┳\ | ̄ ̄ ̄ ̄|,/━┳┳┛ | 更なる危機に直面する。
      ┃┃   |_____,,|   ┃┃   | では、本編だ。










  ,,,,,,,,,,,,,     ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,      ,,,,,,,,,,,,,
  [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]     [,|,,,,★,|]   [,|,,,,★,|]    [,|,,,,★,|]
 (" ´∀`)   (" ´ー`)    ( ´∀`)   (   ゚Д゚)   ( ・∀・)
 ( ” :|O┳∪━━∪━━∪━━∪━∪━━∪┳⊂”MVD〉
 /__:|| ┃    第十四話間もなく開演    ┃/__:|__|
  し(_) ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ し(_)


839 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:03:32 ID:lAB7GErM






       第十四話 失望と叛乱と妥協







840 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:04:39 ID:lAB7GErM




         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     ロシア内戦とポーランドとの戦争は大きなショックだったお・・・
  | / .イ '(ー) (ー) u|     あと一歩で政権が滅びるところまでいったんだお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
  ボリシェビキ幹部
   やる夫・スターリン






         ____
       /     \
.    /       \       それもこれも
.  / /) ノ '  ヽ、 \     ロシアが弱小な後進的農業国だからだお・・・
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /     先進的工業国への脱皮・・・
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \     二度と外国の脅威に晒されないためにも、これは大きな課題だお。
 /\ ヽ          ヽ


841 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:05:31 ID:lAB7GErM




        ┌───────────────────────────┐
        │  何千もの人間が死んでもかまわないが、            ...│
        │  国家は救われなければならない。               .......│
        │                         ウラジーミル・レーニン..│
        └───────────────────────────┘






                     シィィィ・・・・         ∩∩
                       ∧∧       ∧∧;; ;;ノ ドサッ
               シ・・・シ・∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
                 ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃ ウウウ・・
        ダッコ・・・・・∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
              (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃ シィィィ・・・・・
     ナンデ・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧   ユルシテェ・・・
 オウチニ・・・・∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃シニタク・・ナイヨウ・・・
    ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
    (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃


842 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:06:10 ID:lAB7GErM



革命後のソヴィエト・ロシアを襲った戦乱の嵐は1918年5月に始まり、1920年10月に終結したが、
その後に残されたのは戦争によって荒れ果て、焦土と化した国土と経済だった。



                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `


今やロシア経済は完全に停止していた。


844 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:07:09 ID:lAB7GErM




経済の崩壊は10月革命後のレーニンによる無茶な社会主義化政策によって始まったが、
崩壊を決定的にしたのは内戦だった。





   ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,  ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,   ,,,,,,,,,,,,,
  ./,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,,, /,,,l,,,★,,lミ /,, /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ /,,,l,,,★,,lミ
  ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,. ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ, ミ,,ノ,, ゚Д゚iミ
  /┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t.・_/┌-‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _‐=r‐,='t・ _
  ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ::..ゝ_ア´::`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、 ゝ:: ̄´`T、   ̄´
  く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く:: く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ く_::ノ、´ヽ
  .(_/  ー' (_  (_/  ー' (_  (_/  ー' (_. (_/  ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー' (_/  .ー'






戦争に勝つ為に全てのモノが動員された。
赤軍の需要が最優先であり、少数の軍需産業に工業原材料の全てが割り当てられたが
その結果、他の産業が原材料不足で急速に縮小してしまった。


845 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:08:22 ID:lAB7GErM



労働の現場では厳しい規律が課せられ、闇市でパンを売ろうとする私的商人は
発見され次第逮捕された。



     ,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,,,
    [,,,|,,★,|,,]   ,,,,,,,,,,,,,,,.  [,,,|,,★,|,,]
    (  ・∀・)  [,,|,,,,,,,,,|,,]. (  ´∀`)
    ( ”チェカ” フO(;´Д`) Oと ” :|”〉
    /___:|__|   )~ : ~/ /__:|_|
     し(__)  ( / (_/´   し(__)






インフレは深刻で、革命前に比べて物価は3万倍に跳ね上がった。
農民は価値のない貨幣よりも現物によって穀物を交換したがったので
貨幣の存在価値はほとんどなくなってしまった。


                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{
    / 代                                                 ,
   《ミ 、 ハ                                              /|
    ヽ:i; }                                            , ‐'゙ /
      ソ                                        _,.. ‐´fじ''´
                                                ノ_,. -''´
                                                 ´
                                                  __ ノ′
                                             ´ ̄ ̄ ̄
                                                    /\


今や経済は国家権力による徴発と配給によって成り立ち、貨幣は価値を失い、
多くの産業は国家の統制下にあった。


847 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:09:37 ID:lAB7GErM



【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ     今や社会主義における目標、計画経済が
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\    戦時下の統制経済という形で実現していました。
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /   この時期の経済体制を「戦時共産主義」と呼びます。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ     戦時共産主義では軍需を支える為に
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |      重工業重視の統制経済が取られていました。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,       結果、農業・軽工業を犠牲として貴重なリソースのほぼ全てが
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  重工業に投入されました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   大砲・砲弾が大量生産される一方、日用雑貨・穀物は
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |   深刻な製品不足に陥り国民生活を大きく圧迫させました。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


848 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:11:00 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    しかし、戦時共産主義は
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      レーニンが意識的に作り上げたものではありません。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      戦争という緊急事態に対処するための方策が積み重なって
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      結果的に生み出されたものなのです。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:     たしかに、
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:     戦時中はどこの国も
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:      経済統制するものだものね。
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|



【補足終わり】


849 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:12:10 ID:lAB7GErM



この労働者・農民双方にとって過酷な経済統制政策は
外国の侵略勢力を撃退するという愛国的情熱によって渋々と受容されていたのだった。



              アウッ  アウッ
                    ピシッ 彡
   _ノ⌒\_ノ     (; ´Д`)      (侵略者を撃退するためだ・・・我慢我慢・・・)
 /       ピシッ.Σ((=====))
(\ .      彡    (( ⌒)⌒))__
 ヽ ( ・∀・) / ̄ ̄ ̄'し ̄ ̄/\
  \  ⊂ )  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
  /    \      | |
  し ̄ ̄ ̄\)     ./ \


850 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:14:09 ID:lAB7GErM




さらに内戦によってロシアの国内流通網がズタズタに引き裂かれ破綻してしまったために、
耕作地帯から都市部への食糧輸送が麻痺し都市は深刻な飢餓に見舞われた。




_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....






ペトログラードの人口は1915年で200万人に達していたが、1920年には64万人にまで落ち込んだ。
実に人口の68%が消滅、あるいは流失したことになる。
モスクワもまた、人口の44%を失っていた。



┌─────────┐
│ペトログラードの人口.│
└─────────┘


      ┌─┐
      │  │
      │  │
      │  │
      │  │
      │  │
      │  │
      │  │           ┌─┐
      │  │           │  │
      │  │           │  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     1915年           1920年
      200万人          64万人



工業労働者の人口は国家全体で38%も低下した。


851 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:15:46 ID:lAB7GErM



人口の流出原因は徴兵より飢餓によって
都市住民が食糧を求め農村部へ出て行ったことの方が大きい。



           _
             |i|
             |i| ∧_∧    ∧_∧                              /」_∧     ∧_∧      
             G(Д  ;)    (Д <<  G      << ;) ___   ∧_∧     ||Д" )    ( ・Д_∧    
              |と    \    /    ヽ   \     G  G´|.XX|  (メД" )    8二  )    (T  (。。 メ)    
            di| ヽ  ,  ヽ   し  ヽ  しし  ヽ      〉   .ヽ.XX|   ∪∪ ヽ    || | ヽ     Y   ∪∪ ヽ  
            ム| (__,/ ヽ__,)   (_,ヽ_(_)ヽ__,)   (_ヽ_) ̄    (_) J      ||_) J    (_) J ヽ___⊃ 
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^''"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^


854 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 21:17:32 ID:UpAa9f9U

都市の人口が半分近く減るとかwww


852 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:16:27 ID:lAB7GErM



【補足】



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ      都市部には工場の多くが集中しています。
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ      都市住民の多くは工場労働者であり、
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k      大都市の急速な人口減少は
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     工業の衰退を示す重大な指標でした。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


            r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
            _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
           {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
             _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
           {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
            ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、     戦時共産主義は重工業重視政策なのに
             {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
          /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}     工業が衰退してしまったの?
         /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
        /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
       / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
     , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
    /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ,      ,リ /_:/、) ∨   リ: .:/ !、
  /´ / ,..--イ`ー──┴''ヽr‐、--─へ . _ /}/´ヽV    l\ j:..:/  l }〉
/'  /__/  /         `ヾl     〉''´ ,、__ノ=,_ノヽ  ! ヽ/  /ノ'
 ̄ ̄ ̄ 〈             //,ィア`ー'´ ̄     ̄ヽ\  /ゝ、∧=イ
      \__,,.  --<l ̄ ̄ //             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ_ 〈〈__         /
                  `ヽ-'     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


853 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:17:06 ID:lAB7GErM



    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |    ボリシャビキの求心力が
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |    低下してきたせいかしら?
         ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
          }  | `- '           |   {ノ´        |    |
          川 |ヘ             |  |       |    |
         //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
          // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
          ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
       // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
     〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:.`=!".:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./-ー=二二〕\   |   |
     / ̄ ___..==':::\_:<}.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ .|   |
    〈__∠二=、::::::::::::::::::::}:: : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\:.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |
.    __ノ/イ:::::::::::::::/: /: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:{´:::::::: ̄ミ<::::::::::::::::::::::::\ |




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ     いえ、それが決定的とは言えません。
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_      もっとも大きな原因は食糧問題と
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ     その原因である流通の破綻でしょう。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


855 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:18:21 ID:lAB7GErM



f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
:. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
:. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
: : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
: : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ     流通の破綻?
: : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
: : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::) \    食糧問題の原因は
: : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人   \
: :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ        . |i  f´  `ヽ/  }      ボリシェビキが無理な食糧収奪を行ったせいで
  ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
          `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨      農民が穀物を作りにくくなったからじゃないの?
           /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
             /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
.            /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム
           /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{
       /   厶イ¨ ̄イ:::::::::)./ ̄ ̄`ヽ:. :. :. :. :. :.



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ     それも一つの原因ですが、
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\    内戦による鉄道インフラの崩壊がさらに悪化させたのです。
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   国土が広大で道路事情の悪いロシアでは、
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /   鉄道は国内物流の大動脈でした。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


856 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:19:28 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ     しかし内戦の被害で鉄道は各所で寸断、車両が喪失され
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   都市部に食糧や工業原材料が入ってこなくなりました。
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    結果、材料不足による工業生産高の低下、
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     そして深刻な食糧危機が引き起こされたのです。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /       、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :   それで食糧不足が深刻化したのね。
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{    食糧もそうだけど、生活必需品がただでさえ不足してるのに
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:   原材料不足でさらに追い打ちをかけられていたのね・・・
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
               |     ヽ          U // | |: : : :
               | `、    r‐- 、       .// /| |: ;/
              }  ト、    ヽ.__,ノ     ///__| |_:::::::
               / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
                 / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L


857 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:20:52 ID:lAB7GErM



トロツキーは内戦によって壊滅的な打撃を受けた鉄道網を回復させるため
交通人民委員に任命された。


    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \::::::::::::::::::::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::/
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ ::::::::::::::/
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人::::::::::i     工業の衰退は都市部における食糧不足が原因。
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::l
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::l     その食糧不足は国内鉄道輸送網の破綻により
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i<    さらに悪化させられている。
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i::::::ヽ
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿::i
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::ヽ
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧、
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,>‐、___,,,-‐´
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、      つまり鉄道インフラの再建こそが
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ    すべての万能薬なのです!
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /


858 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:21:45 ID:lAB7GErM



ロシアの鉄道労働組合は伝統的にメンシェビキの影響力が大きく、
ボリシェビキが政権を獲得した際には他党派との協力を要請してストライキを起こしている。





   ____ ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ~'鉄道労組(,,゚Д゚)< ボリシェビキは逝ってよし!
   UU ̄ ̄U U    \________





        ,r-'⌒:ー‐v‐、
      _f:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ノ:::,.-―‐- 、:::::::::::フ
     У  ,  ,、   \::::::{
   / ラ,  /--//ハ_、 、ヽ::}
  /  /1l._ ! 、__  x-、l゙ |l i:ノ      このストは第七話でチョロっと触れたのだわ。
. /  / 〈j、l!|    ,  ヒソ./,、}´ヽ
/  /   ,Y人  r 、  //-}!:! ヽ
  /  ___rラ-.>- '-:イ/¨i^i-!  ハ
. i  >、∧_{l薔l} `ラ/'フヘ!  ハ
. !./:::::::〉、  |::! \/::ゝ_`ー.ソ   |
 l〈:::::::::/::::::¨´:::`ーム'∧: ̄:::\ .|
.└ハ::::::}:::::::::::::::::::::::::/::::::ヾイ¨´  .!
 く ∨::::::::::::::::::::::∠\__/|_   !
  / /::::::::::::::::::::::::::ヽ/     /   〉
  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::\. /   /


859 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:22:58 ID:lAB7GErM



トロツキーは鉄道労働者内の反ボリシェビキ分子こそが経済再建の障害と見做し、
熾烈な闘争の後、鉄道労組幹部を全員罷免。





  ∧ ,∧                                 ; ,;从 ,
 ( ・д・) ((ニ(ニ(l          ガーン!, ''"´"''': ; .      、゙,',::、⌒::;.,'."));":
 ( つ|_||三三二弌ll============lニlll),,   . : ;  _,"   `.、:.(`:'⌒>∧∧ ゙":  ←鉄道労組
 (_)_)ニ〃l,=l┘             "'' -''''"´     ;;.゛;((:;;`';::,");;";;;))`.;





労働組合を労働者の自治組織ではなく、国家権力の忠実な執行機関に置き換えることで
鉄道インフラの迅速な再建を実現させたのだった。




    ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,^ ^)< ・・・・・・
   ⊂  ⊃ \_____
  ~|  |
 ,,  し`J←新労組


860 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:24:08 ID:lAB7GErM



     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!    素晴らしい成果だトロツキー!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ    これで都市部の物資不足もある程度改善されるだろう。
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/      やはり君に任せて正解だった!
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/
     人民委員会議議長(首相)・ボリシェビキ指導者
             ウラジーミル・レーニン






                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/    さほど大したことではありませんよレーニン。
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       少々、反抗的な連中の鼻っ面に
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '            一発お見舞いしてやっただけですからね。
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |


861 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 21:24:23 ID:/hsF0ZCs

流通の回復の重要性は俺らも痛感したな


862 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:25:04 ID:lAB7GErM



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、     いいですか、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     ボリシェビキがやろうと思えばできないことなど無いのです。
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-   できないのはやろうとしないからです。
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ   世の中は、強制と強権がなければうまく回らないのですよ。
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /


863 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:25:59 ID:lAB7GErM



              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠    そもそも労働組合が労働環境の改善などというものを
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\   標榜して労働者を甘やかしているのがいけないのです。
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/      労働組合を生産効率向上を目的とする組織に改編すべきです。
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l





     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|       君の言う「労働の軍隊化」というやつか・・・
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \
  /                              l
  ヽ                     v        /
   ヽ                           ./


864 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:26:58 ID:lAB7GErM



トロツキーはこの成功に自信を持ち、他の部門にも「軍隊化」を拡大させるべきだと主張した。





              __             /
         /l.   i´ `i           , l
        < > .|   |       r,シ,..:':レ'l     他の産業部門においても
         V   |   .|         /::::':::::::::::::',
               |   .l      i::::ニ_:::::::、:::',    労働組合を刷新して生産能率を向上させるべきです!
               |    !     ,r':::、::_:ミ:::ヽ、::ヽ、
           、、 i   |     /:::i:::::::::\:::::::::ヽ::::`- ___  __
       ___ i´  `1   .l    ,リ:::!::::l゙_、::::::、::::::::::ヾ::::::::ヾ l /
.       /  `'l:   iー- |_  __!_l:::::',l゙i oヽ\ i`o、::::::::::::ヾ '
   / ̄、i   i.',   ',__... l  `'´、 ノ::::::i `'''´   `''''"゙i::::::ハ-、
   /   i   ゙';    i   !、   ヽ !ハ::、  ´ `   ,从::l ゙  l
   〉、  ヽ、   ヽ.   i   ヽ`ー‐-=--―=._‐=‐ ,ィ'1!リヾ   l
   ゙ーヽ、_:ii.r''''ソiニフ             `iェ‐ニ'ノ  〃 |i
     i   ``'''": '´       _,.-ッー-――‐'ー''"   jt.   l
      i     _、__  ,.-‐'´r-'i '         , ' / i   l
     ``ー-''''´ヽ、_ニ‐'''´~   i    _    , ' /  ア-‐ .l
                    く_,.-‐'´      / / ̄ , !
                    / ``   '    l! /  /





トロツキーはレーニンを説き伏せて支持を獲得、軍隊化が開始され、
すぐに数個の軍団が「労働軍」として鉱山労働の現場などに送り込まれた。


865 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:28:13 ID:lAB7GErM



しかし、「軍隊化」はすぐに党内の強烈な反対論を生み出す。
反対派はシリャープニコフや、コロンタイ・・・



      、.        iヽ、
       ヾ:`:'':==-:、i::::::`ヽ、  i:、
        \:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ!:::\
       , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、\
    , ::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::<_
  ∠===ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::\        /:::::::::::::::::::. .:..:: ::::::::::.::::::::::::::::::::::::ヽ
     ./:::::::::::::::::;:::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::/::t:、;:ヽ       /:: .:. . .::ハ::::::. .::. . |:::: : ::: :!: .:::. ::::.:::::ヽ
    /::_::::::::::::::/::::::::::::/::,イ:;イ:::::::/:::::::::ヘ `ヽ    i::: :..:.:.:.::l l:::::::.::::.:: |: : :  ::|:. :: .:::: ::::::::゙:,
    ̄  /::r=x,:':::::::;::イ::,</イ .l::::/ >;:: |ヽ:ヘ      !::.::|l:.:::::|  i::li:::::|i:::..|: : .: ::|::: : ::::. :::::::::::i
    ., r'7'::::::{ /::::,イ ,:ク`:司7ヾ-l::/灯| ヽ! ヾi      ',:::|!:.:.:::i  リ_l斗'i:::|: :::.:: :::l:: :: .::.::.:::|:::::::|
  /::::厶匕7∨/' i!'´   ̄  |!' !, .l            i::|:::.:.:!〉   ペ:::ノフ'| :::::::::::|:::::::::|:::::::|:::::::|
 :::::::::::::::l /イ,rァ>x        '  /./             i.l:::::/``ヽ、 `"  '| :::::::::::! ::::::::!::::::i:::::::|
 ::::::::::::::::l:::::∧ / .i \    ,rfテヲ./             i.:::::ヽ   ``'  | ::::::::::i:::i::::::l:::::/:::::::i
 :::::::::::::::::l:::::ヾヽ |  \  ゞ≧',イ                 !:::::::いー、     |::::::::::/:/::::/:::/;:-‐''′
 :::::::::::::::::∨::::ヾヽ.!  ,:イ`'' - '                   .!::::::ハ ̄    |::::::::/:. -‐''i"
 :::::::_:::::::∨::::::ヾヽ/i | .i!. |                   |:::/ ヽ -一'i::::::/:/   |
 ''::´  `::'':ヽ::::::::::〃´! |─┘                  |/         !:::/''′   ヽ___
 ::::::::::::::::::::::::::\::〃 .| :|                        ,.へ<!/  ,. -‐''"´:::::::::::\
元労働者人民委員(労働大臣)                    女性活動家
   アレクサンドル・シリャープニコフ               アレクサンドラ・コロンタイ






そして、ロシア労働組合の大物、トムスキーだった。


       ,. -────- .、
     /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
    l: : : : : : : ::/l: :l: : : : l: :l:l : ',
    | : : : : /‐/\,ハ: :l: メ_|:l: : :!
    |/l: : :/ /ィケlヽWNィテト/l: : |     労働の軍隊化なんて反対です!
    |: l/l/,イ〈 ヒり    ヒク/|/lノ
    l: : : : ::|  ""   、 "l: |       労働組合はプロレタリア民主主義の実現と
.    V: : : :|、   r‐┐ /: :l
     \: ::| > .,_ ̄イ: : : /       労働環境向上のために存在するべきなんです!
   ,x<ヽヽ:|\_ノ l`ヽ\/  __
   ,'   V⌒ト、o/lヽ〉 l\ / / )く
   |  ( ̄二ユ, ol   ', }/ Y/)、
   l    ゝ、二ニ}  l    V  /`´ー/
   |   / ヽ_ノ  ol    }  _/
   l   /  /    }   ,'  /
  / ´   ,'   /l/  /  /
  ヽ   /     |  / /
   `ーイ     o,'  /'´
労働組合中央評議会議長
      ミハイル・トムスキー


866 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:29:41 ID:lAB7GErM



              ___   ___
              ,...::"´::::::::::`´:::::::::::`丶、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::゙、
       /:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::i::::::::|:::  :::::::::::::::::i
       ,':,  :: ::!:::::::::|::::l:::: | ::::|     l ::  ::::l
        !:i  i   l:::i::::::|!i::|、::i l:. ::::|     |   . ::::l    我々「労働者反対派」は
      .!:|!. .l|::i.. l|:::|i|i::| l::| N:.i.!:i:::|   l|  :. ::::l
      j::l|::::l|::|:::l|!::! |l::! l:|ムニ!|」!:| . . l|:.   ::::::::!    トロツキーの専横に対して断固反対する!
     /,イ:::::l|::|_」≧、i !|仟ハ'::!|:::l | :. .:. l|:::::. ::::::N
     〃 {::::::l|::k丁´'}__!__ _ ̄i厂!| :::::::::l|:::::::::::/
       ヽi:ヽ!ハ/l   ̄`''ー-lイi::::::::l|:::::::,.イ
       / l::::::::lヽ. ヽ ___   i !!::::::l|:::/ ',
      / |::::i|::::::\ `こ`   |i::::::lレ'    ',
     /    !:::::l|::::/ 丶 __ ィく|!:::〃__   ',
     /.    |::lレ'      l   l::,:'´   `   ゙、
    /      ヽ:l|      |, -‐/         ゙、
    /     /⌒ー─-、   |  ,'           ヽ
   /    /       l   ! i                ゙、



 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::x≦/::::::::::/У::イ::::::::/:::::::ハ
イ:::::::::イヽ::::::::::::::::::/::::イ'"´l/  /:::::::/イテ不、/::::::イ::::::::::::::ハ
 イ   /::::::::::::::/イ::ヽこ   /::::/   i /y//::::/::::::::::::∧::ハ
.  /≧/:::/l:::::::::イ:::::/ i   /:/     ヾ//:/:::::∧::/  Vリ
 /////\|:::/ |:::/  .|  ./イ        /',::::::/ V   ソ
./////////|/≧x|/ / .、                 V      強権による強制労働は
///////////////\ ∧       ___   ,イ
/////////////////\ ∧     ヽ ヾ=-イ        プロレタリア民主主義に反するどころか
.///////////////////\      _)
==‐‐-、 ///////////////\   /            労働意欲を減退させ生産効率を悪化させるだけだ!
///////>x、///////////Y \__/
////////////>x、/////// /7               現在実施されている軍隊労働はすべて中止されるべきだ!
////////////////\/////./
////////////////////< /ヽ



         ,,─--, -─ ,,
       /          \
       /            ヽ
        ,'     //}ハ {ヽ    ',
      {     ヽ/   ` `メ,   }
       |::   t /`ー  -´ヽ`t ノ    しかもトロツキーは
      |::   | '   9  9  / |
       |::  |  ,,    ,, | |     特別裁判によって労働者を処罰までしています!
        |:::. |         ノ ,'
       ヽ .|7 - ,,__^__/::/      許せません!
        ヽ| _/\  へヾ:/
         ヘ´ ヽ π |`7i
        | |   ヽハ/⊂ニ⊃
        |  |     rっ   |n
        |  |    / ~フ < }


867 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 21:30:04 ID:/hsF0ZCs

労働者のために打ち立てた国のはずが、
その労働者を強権で抑圧することで国を維持してる現実が何とも皮肉だな


868 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:30:49 ID:lAB7GErM



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、   わかっていませんね・・・
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``      どのみち社会主義経済においては
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!        国家権力による労働力の
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |           中央集権的配分は避けられないのです。
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


869 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:31:39 ID:lAB7GErM



            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、    そもそも、真面目な労働者なら、労働者国家において
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、   不真面目な労働者を逮捕する権利を
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ    否定したりはしないのではないですか?
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ




           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、    それに若き社会主義国家では
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、      労働者の教育・訓練・組織が必要なのです。
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.      それこそが労働組合の任務なのであって、
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ   不可欠なことなのです。
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /


トロツキーにとって労働者は、労働組合によって単一経済の枠内にはめ込まれ、再教育され、
不断の生産性向上の為に使用され、管理される対象だった。


870 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:32:51 ID:lAB7GErM



        / / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::/  ./:::::::::::::::::::::::...`ヽ、::、::::::::::::::::\
      〃::/:: ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \::.ヽ、:::::::::::::\
     ./::::/:::::,::::/ l:::::::::::ヽ:::::::::::::::::..  ::.. ヽ::::::`ヽ、::\::\
    /::::/:::::/::,  l .:l::::、::::ヽ:\:::::、:::ヽ  ::::::ヽ 、::.....\::ヽ::\
    !|N::i::/::/ / ! :l::::l:ヽ:. l、 ヽ:.\ ヽ  .::::::l::.. \ .::::\`ー-ヽ
    ′|::|/:/::/ :!.::|‐ト|、:ヽ::::lヽ、::\_;;:ィヽ  .l!::::... ヽ:::::::::\   労働組合を国家機関化させるつもりか!
      |/::/:::,': :|::::|」,ィ=ミヾ、:l  >',ィ=ァ、l!: .:::l|::::::::::::::::::::l/
    ノイ':::::l|:. :!|::{lヽゝノヾ ヽl 〃ゝノノl| :::::l|::l::::::::::|/     全ての労働者が省庁の管理下になれというのなら、
     〈:::::::ハ::::::::|::ハ  ̄_, === ., ̄ ハ .:::::/!::l:::::/
        ゙、::l 、::::::l:::l,ヘ     !.      /:/:::::/ |:::〉'′       それは官僚主義の増長を引き起こすだけだ!
       ヽ!-へ:::ヽ:ヽ'.\  _. _   /:/:::::/ ,|/
      ,. - ´::::::::::::\:ヽ::!  ヽ、  , イ:-7::/ ノ
  ∠二_`ヽ、::::::::::::::/`ヽ    `´ハヘ::Tヽ′
/:::::::::::::::::`ヽ \::::く、      ∧::ヽヽl ',
::/ ̄ ̄`ゝニ`ヽ \:::\ ー-、 ' ヽ::::| |:! l
'      〉:::::::::::ヽ \:::\       ヽ:! !| !
 _ -─¬´ ̄ ̄`ヽ:ヽ \:::\.____」_!| |
´    /       `ヽヽ\:::::\:::::」 L:| .!


871 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:33:42 ID:lAB7GErM




          /: :人 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.           .: : : :( J) : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
       .: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i、: : : : : : : : : : : : : : : ヘ
.      /: : : :/ : : : : : : : : : : 八: : rヽ: \ : : ` : : : : :ヽ: : : .
        ,': : : :,' : : : : : : : : : : /j ∨:!  \ > . : : : : : : : : :.:∧
.       {:.: : : : : : : : : :__: :/ノ  マ   丶 : :__: : : : : : : : : .
.       |!: : :{: : : : Ⅳ : : : /. `   ',     ´.\ : j: : :! : : : }: : :l
.       |!: : : : : : : l 〉r斗≠ミ、      ,r斗≠ミ:、 :l: : : ,'l: : リ   そうだよ!
.     .Ⅳ: : ∨.: :.| .Ⅵ:::::::Y       Y::::::`   ハ|: : : :.l : l′
.        レ: : : ヘ: : i   人 :::ノ        人::: ノ   .レ': : i : l    ただでさえ戦時共産主義のせいで
.       l.l : : : :Ⅵ{  ´´  ̄           ̄ ``  'Y : : !: :|
.       l: : : : :l ミ! """             """ ,'ノ! : : i : l    労働組合は強い統制下にあるんだから、
         l: : : : :l ∧         r        ∧ l : : :!: :!
        l: : : : :l: : : .                  . : : :l: : : !: '    これ以上やったら、本当に労働組合は死んじゃうよ!
.        ', : : : :!: : :ヘ     ィ ニニニニニ 、    イ_ : : l : : : ,'
.          V : : :Y´ ̄ > .        . <   `ヽj: : : ,'     労働者の国家で労働組合が死んじゃうなんて本末転倒です!
           \ : ヘ        」、 : .ー. : : 「、     ,': /
           > \    /  ヽ  _ .ノ ヽ    /イ_
           . ― - r― イ  /ヾ、ム     .〉ー≠"   ヽ
          /       :l   ', ./    }ヘ.   /    i      .
        .        j    ∨  o .| ヽ /    {
        i       ,          |  `      :l        l
        |       ,'           :{        l        !



:::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::',:::::',、::::::::::',;;;;;',::::≦、:::::::l:::::::::::::::::|:::::::ト、::',
:::l:::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::',、::::',ヽ、::::::',x≦::', : :',:::::|::::::::::::::::|:::::::l ヽ、
::::',:::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::',;;ヽリ;;;;;ヽ::リx≦ニ≧x',:::|::::::::::::::::|::::::::',
::::::',::::::::::::::::::i.',::::::、::::::::::::::::',;;;;;;;;; xイli:l:::():l::l| ミxN、::::::::::::::ト:::::::::',
::::::::',、:::::::::::::|;;;',::::i;;ヽ:::::::::::::', 彡イイ人ゞ=イ:ノ //:::::ヽ:::::::::| :ヽ:::::',      トロツキーのやっていることは、
.、:::::::ハ:::::::::::|;;;;;;',::l;;;;;ヽ::::::::::::',ミ、 ≧x、ニニ==彳  /∧:::::| : : ヽ:::',
∧::::',: :ヽ:::::| : : :',:| : : :ヽ::::::::::', ::. :::::::::::::::::::::::::...   ノ ∧:::|: : : : ヽリ     古代エジプトの奴隷制度と同じだ!
、∧N ::::::ヽ:|::::::::::リ  ///lヽ:::::',          ∧/ ノN : : : : : :
ゝ∧:::. :::::::  .::::: .:::. V/∧ ヽ::',         ∧  / : : l : : : : :
::::`‐、:.  :::.  ::    V/  ヽ',        /、_/: : : : | : : : : :
∧::::::',       r‐-======、        /;;;;;/ :/ : : : :l : : : : :
  ',:::::ト、     l|/ゝ‐-----‐-=、 ,      イ;;;;;/;;/: : : : .:.l : : : : :
  i::::i >、   lト {:::::::::::::::::::::::::} )i!   //;;;;/:/:. : .:. .: :.| : : : : :
  レハ  >、  ヾ、ゝ=====≠ ノ'"  / /;;;;/:/: : : : : : .:.l : : : : :
    ハ    >、    ̄ ̄ ̄ ̄  /  /;;;;/:/ : : : : : : : :|: : : : : :


872 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:34:58 ID:lAB7GErM



【補足】



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     労働者反対派は当初、大きな影響力こそありませんでしたが
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |     次第にプロレタリア民主主義や労働解放を支持する声が増えるにつれ
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     無視できない勢力へと成長していきました。
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


873 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:35:43 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \     「労働の軍隊化」は戦時共産主義の延長線上にありましたが、
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      党内には「戦争は終わったのだから続ける必要はない」
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l       という空気が醸成されていたのです。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


                                              )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                                               (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                                              >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                                て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
                                                 しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
                                     まぁ.          l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
                            もっともな意見よね。           ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
                                                    ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                                    ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                                                    |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                                    l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                                    ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                                    /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
                                                   ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |


874 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:36:31 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    しかし、トロツキーはそのような意見に耳を傾けることはなく
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |    労働の軍隊化を強烈に推し進めていきました。
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/    その理由の一つに、戦争終結による赤軍兵士の失業問題があげられます。
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ     ほとんどが農村出身の赤軍兵士は除隊されると
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,         故郷に戻っていきましたが、そこには戦乱によって荒れ果て
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\     捨てられた耕作放棄地が広がっているだけでした。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     耕す大地を失った彼らは徒党を組んで山賊匪賊となり
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     強盗犯罪によって生計を立てていたのです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


876 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:37:35 ID:lAB7GErM



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',     もちろんこんなことは経済の重荷となるだけでしたので
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|     なんとか彼らを「労働軍」の一員として再編することで
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|     軍隊内に囲っておく必要もあったのです。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /




                                ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
                              r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
                              { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
                                ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
                               (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
                  つまり          `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
            労働の軍隊化は            ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
赤軍兵士の雇用政策でもあったのね。            |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
                                    |  l N. r=-、.ヽ/ソ .r==_レ'´// |/  | |   |
                                    |  ! |l |弋::リ   弋::.リ .1  |    | |   |
                            .      | ! |lハ   '_   """ ノ!|   .|    | |   |
                            .      !.| | l/:ヽ// )、_ ,.< _|!  .|ヽ   | |   |
                                    !/ | 〈.:.::{   '´ /〉;:;:;:;:;:;:;//|  .|:.:.::', l l   |
                                   | /.:.:./ |    /ニ、;:;://;:;! 、|:.:.:.:.:L_! .!  .|
                                _,.∠=ニ〈::.ハ .ト、   ノ:;:;:;:;:;:;:〈〈_;/|  ヽ:.:.:.:.:.:.Ll!  .|
                                `ーニ二_‐|.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:ヘ V:.\ \:.:.:.:.:.{!  .!
                                  |_>'i.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.}  .i


877 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:39:01 ID:lAB7GErM



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ    さて、「労働の軍隊化」が激しい論争に晒される一方、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        レーニンの主要な関心は伝統の食糧・農村問題へと移っていきました。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    なぜなら、これらこそが国家存亡に関わる
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    重大問題だったからです。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


【補足終わり】


878 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:40:01 ID:lAB7GErM



ボリシェビキにとって農民はつねに厄介な敵だった。
彼らは自分の土地を守りたいと考え、土地の国家的共有化という共産主義者の理想と対立した。



┌──────────┐
│ ロシア農民のみなさん .│
└──────────┘


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧     土地は僕らのもんだ!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ     誰にも渡さないぞ!
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


879 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:41:10 ID:lAB7GErM



根本的に農村は古き良き社会の継続を欲しており、昔通りの牧歌的な生活を続けたいだけだった。



 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 昔どおりの生活がしたいだけなんだよ。近代化?社会主義?知らんなそんなもん
 \___  ______       ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
       |/     ミ            _________
              ヽ \           ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
           ''""~~"''


880 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:42:18 ID:lAB7GErM



農民達の世界認識は農村の内側だけに限定されており、外部にさして興味を抱かなかった。

農村は都市部との付き合いを必要としなかったのだ。
彼らが都市と連絡するのは不足するマッチなどを手に入れる時ぐらいである。



          ヽゞ:;ヾ ヾ:::ゞ:;ヾ(;;゚;;):;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ(;;゚;;) '"
             ゞ:;ヾ(;;゚;;):;ヾ :::ゞ:;ヾ(;;゚;;):ゞ:;ヾ::: ゞ:; '"
                   ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::(;;゚;;)::, '"
                          ヾ;; i r´
                          ll. i ;|
                          | l; .li
     ∧_∧            .|, ;i0.l
     ( ´Д⊂ヽ 農民ドコー?   l ; l. i|,
    ⊂    ノ              |l:; .l,i;l
     人  Y               |0l i .;|.
,,;;,, ;,,;;,,,, ;; ,,,, ,,;;,, ;,,;;,,,, ;; ,,,, ,,;;,, ;,,;;,,,, ;丿;i;;'、 ;ヾ ,,;;,, ;,,;;,,, ;; ,,,, ,,;;,, ;,,;;,,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::_________::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/     ∧,,∧  ∧,,∧    ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::/   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::i  ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::i  | U (  ´・) (・`  ) と ノ  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::i   u-u (l   ) (   ノu-u  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::\     `u-u'. `u-u'     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::\_________/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



反対に、都市部は常に農村との付き合いが必要であった。
農村との連絡が遮断されれば、都市住人は餓死するしかない。


881 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 21:43:26 ID:CKk1UBx.

世界のどこでも農村はムラ社会なのか


882 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:43:34 ID:lAB7GErM



【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    こうしてみると、農村と都市の綱引きは
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      農村側に圧倒的有利でした。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      農民は極論すれば引きこもって
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      自給自足すればよかったのですから。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


883 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:45:07 ID:lAB7GErM



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,       レーニンは食糧独裁令によって
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   農民から食糧を収奪するという手段で無理やり連絡を取りました。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   これに対して農民は耕作放棄という形で反撃に出ます。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |   結果、食糧不足は悪化し都市は飢餓に襲われたのです。
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |





     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:   耕作放棄って・・・
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:   自分達まで飢えるでしょうに、「肉を切って骨を断つ」かしら。
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:   まさに壮絶な我慢比べなのだわ。
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|




【補足終わり】


884 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:46:55 ID:lAB7GErM



内戦による荒廃、穀物収奪への対抗手段としての耕作放棄によって
1913年から1921年にかけて、穀物収穫量は70%も減少した。




                                            ノ  ̄ノ ̄ ヽ __
                                            r/   /  ///∧/∧
                                             {!   _// {!,//∧/∧
         ___r―ァ―┐__   _ , , , , , , ,   _, , , , , , ,_ , , , , }! ミ 三(ミ {!/////∧/∧
 ,, , _, r‐へ人 /ー=lー┐   ̄ == 三三rへ  ー       / > ― 三ヽ厂 二 ヽ//ヽ
    r┤ミTフ ⌒ く Χミ コ  ___    ̄ ̄    :.:.:.:.:.: _ _ /     。 o   〈_∠〉  ̄ ̄>┐
     """" rァ ⌒  ̄ ̄         …       :.:.    |ト    V   """    _ ∠Ζ//,L
  :.:.:. _ ``   …    " " :.:.:.:.:.:.:.:.:.    :.:.:.:.:.:.:. ;  ̄ __|〉  人l |l ||  厂 ̄ 厂 / \Y∧7ハ
  _厂ム \ :.:.:.:.  …:.:.:.       :. :.  ⌒ ̄   / ヽ   \/  人_{! \ ノ   ∨  ノ'/∧=-  ̄
   '彡三三7   :.:.:.= :.:.:.:.         :.  :.      r―yヘ   l}  三/ ミ/三三ヽ{_〈 ̄\彡\{!ヽフ /
  >┌―「人        ̄  :..:.         r厂 \∧ \ /77/三 {三三三У⌒\  \/ \ 彡
   ̄ }\彡彡  ___     *;,;,;  /r┘ 〃 /  \ /7/三ノ三|三三三{\   ∧  }    }ミ __
    / ミミ\二厂   >―二二二lヽ   ,,, 〈/⌒〈,,〈 \//7三∠ 三 |三三r ┤ Υ//\ У>┴く
  /ミミ//\〉 = ̄    \   |/∧  ;,;,;,    ;,;, \/_ノ三/   ̄  """     |/////〉厂 へ \
 ノ'//////            \ |//∧ ;,;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  \  \    〃     У厂 ̄ ヽ    l}
  / ̄ ̄                彡|///∧   _  〈  \   /   厂 ̄ ̄ Υ ̄「   \   └ ァ―‐
  _                  /////∧   __ アヽ   〈  { ̄ ミ 三彡「 ̄ノ      ヽ  /////
     /                //////// }     r―へ  \   \ノ      / /   彡   ミ///////


都市住人は農民から穀物を買い取るために農村に出向いては衣服や家財道具と交換しようとした。

ボリシェビキは農民が財産をむしり取っていると考えていたが、
その農民達でさえ飢餓に直面し、木の皮を食べて飢えを凌ぐ者さえいたのである。


885 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:48:19 ID:lAB7GErM



それでも、内戦中は白衛軍と戦うために農民は飢えとボリシェビキの暴力に耐え続けた・・・


             _______
            ./ /  #  ;,;  ヽ
         : /  ;;#   ,;.;::     :
          /   /   \    ..:::::|      この戦争が終わったら・・・
            | ::::::   /\     :::::.::::| :
        : ! #;;:.. / ̄\   .::::::/       質素で、平和な生活に戻るんだ・・・
          ヽ.;;;//;;.;   ォ ..;;#:::/
           >;;;;::..    ..;,.;-\




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|     農民の待遇は酷いものでした。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |     ボリシェビキの穀物徴発分遣体は
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|     少しでも反抗的な農民を
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ     衆目の面前で何度もムチ打ちの刑にかけたのです。
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<   それでも、農民は耐え忍びました。
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


886 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:49:16 ID:lAB7GErM



しかし、内戦が終結した時、ボリシェビキは約束を守らなかった。
戦争が終われば穀物収奪が緩和されるという約束である。




     _/⌒)
     `,l=★l_
     (,,゚Д゚)       戦争が終われば穀物収奪はやめると言ったな。
     /~i|`:´ヽ__,
     ゝil,ア'(0∩゙゙゙゙゙゚   あれは嘘だ。
     /__,ハ__,ゝ
     〈,,__,l、_,〉       さぁいつも通り穀物を引き渡せ。







              .r-、 _00           /::::'┴'r'
              .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
              .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
              . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
              、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
       / ̄ ̄\ . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
     /   _ノ  \         ,, -──- 、._
.      | o゚((へ)) ((へ))゚o   .-"´         \.
    . |  .:゚~(__人__)~゚    :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
.     |    |r┬-| ノ    :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:    騙されてやんのwwwwwwwwww
   .  |      ゝ-' .}    :|       (__人__)    |:
   .  ヽ        }    :l        )  (      l:    やっぱ田舎モンは情弱乙だおwwwwwwwwww
     /⌒  i⌒i  .ノ    :` 、       `ー'     /:
  /    ヽ.ノ ノ く      :, -‐ (_).        /      馬鹿は大人しく穀物差し出しとけおwwwwwwwww
 / ,_ \ l||l 从\ \     :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
 と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.       :ヽ   :i |:
        ベシベシベシ         :/  :⊂ノ|:


887 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:51:19 ID:lAB7GErM



1920年の冬、戦争終結後はじめての穀物徴発が実施された時、
農民の忍耐は限界を超えた。





         /''⌒\
        ,,..' -‐==''"フ
         ( ^ν^) < そうかあ、あの話は嘘かぁ、よかったなぁ
         /   ヽ    お前らいっかい死んでみるか?
        | |   | |
        | |   | |
        ||   ||
        し|  i |J=二フ
          .|  ||    ;
         | ノ ノ    ・         ┌────────┐
         .| .| (     ;       .....│ キレたロシア農民 │
         / |\.\            .└────────┘
         し'   ̄


888 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:53:03 ID:lAB7GErM




  (((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (´・ω・)っ ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど・・・・・
          i_ノ┘




 ((;;;;゜;;:::(;;:  ∧__,∧ '';:;;;):;:::))゜))  ::)))
 (((; ;;:: ;:::;;⊂(´・ω・`)  ;:;;;,,))...)))))) ::::)
  ((;;;:;;;:,,,." ヽ ⊂ ) ;:;;))):...,),)):;:::::))))
   ("((;:;;;  (⌒) |どどどどど・・・・・
         三 `J




         .∧__,,∧
       ⊂(´・ω・`)⊃     大変です!タンボフ県で大規模な農民叛乱が発生!
    ☆   ノ   丿 キキーッ  叛乱はウラル地方全域に拡大しつつあります!
      ヽ .ノ  (⌒) 彡
       と_丿=.⌒




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i    (始まったか・・・!)
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     直ちに鎮圧部隊を送り込め!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ       どんな手段を使っても叛乱を抑え込むんだ!
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'




ついに、タムボフ県で農民叛乱が勃発。叛乱の波は瞬く間にウラル地方一帯に拡大した。


889 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:54:51 ID:lAB7GErM



叛乱軍は各地で共産主義者を虐殺し始め、抵抗するボリシェビキの部隊を包囲した。
穀物を都市部へ輸送する車列が各地で襲撃され、殲滅された。





         __
         [|,,,★,,|]
        (´・ω・`)   同志、当該地方の赤軍は物資不足で行動不可能です。
         (つ□と)   一部の鎮圧部隊では叛乱軍側への降伏が発生しています。
         `u―u´





赤軍は鎮圧部隊の食糧さえ確保できなかった。飢餓は赤軍にまで浸透していたのである。

飢餓を解決するには農村から穀物を獲得しないといけないが、その農村が叛乱を起こし・・・


890 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:56:02 ID:lAB7GErM



【補足】


     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \    1920年の冬に発生した大規模な農民叛乱は
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !     ボリシェビキ政権の屋台骨を揺るがします。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l      なぜなら、赤軍兵士の大多数が農村出身だったからです。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |      そしてその赤軍もまた、十分な配給を受けることができず
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !      軍靴さえロクに揃えられなかったと言われます。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


891 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:56:56 ID:lAB7GErM




    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {    つまり、
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |   赤軍兵士が農民にシンパシーを感じて
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |   叛乱に同調する危険があったのね。
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |




          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    その通りです。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     さらに戦争の終結により
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |     不満を外部に向けさせることもできませんでした。
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


892 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:57:32 ID:lAB7GErM



       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ    今までボリシェビキ政権に対するこうした不満は常にありました。
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k    しかし、戦争という外的要因によって誤魔化されてきたのです。
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   今やそのごまかしも効かず、全ての不満がストレートに噴出していました。
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   レーニンはこの農民叛乱を、国家崩壊の危機と認識します。
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /





な.../ :::早:::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.:::::::::
ん/ :::::::く::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
と.!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::::::
か:..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..::::::::
し::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ:::::::::::::
な:,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::::
い.!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
と.! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
.・:::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
.・::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
.・. ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


【補足終わり】


893 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 21:58:33 ID:lAB7GErM



危機は都市部でも深刻化していた。
ペトログラードでは都市人口の三分の二が失われていたにも関わらず、食糧不足は絶望的だったのだ。


_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~   |   〉
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::.
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |   ::.
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :..
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ..
;._::.,|___|__と「;;<w[と).|i  .|    :..
 ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:
ted!..|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:
o`》:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄㌧  | :.
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄    ..: :.. .::. :. .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧
∩∩    ̄ ̄'''' |~|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \



都市と農村の両方で、崩壊が急速に進んでいた。


894 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:00:00 ID:lAB7GErM



いつだって政権の核心的課題は穀物の入手と都市部への供給だった。

最初、レーニンは権力による収奪という手段で達成しようとした。



.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     (くそ・・・
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!       やはりもう限界なのか・・・?)
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



しかし、その収奪が今や、国家全体を飢餓と叛乱へ追いやりつつある・・・

レーニンに決断が迫られていた。
政策の転換か、さもなくば国家の崩壊か・・・


895 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:01:23 ID:lAB7GErM




    ,.:::-=;1ー;1―;1―;1―,=;:.、
   =              ゙ミ
    ミ       ★       ゙ミ
   ミ               ゙ミ
    ミ              ゙ミ
    ミ;========= ゙ミ
   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_       ,. 、       /   /
  / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ    ,.〃´ヾ.、  /  / 政策の転換など必要ない!
 / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::| / |l     ',  / /   戦時共産主義こそが社会主義への偉大な一歩なのだ!
 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|r'´  ||--‐r、 ',      紙幣は紙屑となり、ブルジョワは大きな打撃を受けた!
 | .:::::.  ..: |    |ヽ   .,..ィ'´     l',  '.j '.       貧困という武器を以て、我々は階級の敵を打破したのである!
 | :::    | |⊂ニヽ| |  'r '´         ',.r '´ !|  \  戦時共産主義万歳!
 | :    | |  |:::T::::| !  l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
 \:    ト--^^^^^┤   ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ




しかし、党内には、内戦時に最前線で戦った若手党員を中心に戦時共産主義擁護の声が強かった。

同時に彼らは社会主義を受け入れない頑固な農民を軽蔑し憎んでいたのだ。
農民への譲歩など、もってのほかだった。


896 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:02:47 ID:lAB7GErM



    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/  (本気で言っているのか大馬鹿者が!
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/      貨幣価値の暴落は都市生活を逼迫させているではないか!
   /     u.            |V /
  '    し        ヽ- ,.. ノ          貧困が拡大すれば国家経済は沈む!
  \.        ヽ===‐-/ ヽ
.    \           /     ヽ          そうなれば農民はますます農村に引っ込み
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |          都市と農村が分断される!)
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l






==-- ミ
:.ー-:.:.:.:.:.:.> .
:、:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:`丶
:.:.\:.:.:.、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧        (農村なくしてロシアは立ち行かないんだ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |        なんとかして農民を政権につなぎ留めなければ、
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!        ロシアは飢餓の底なし沼に沈み込んでしまう・・・)
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.|
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ


897 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:03:45 ID:lAB7GErM




その一方、労働者反対派の激しい反発にも関わらず、労働の軍隊化は拡大された。





                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)


898 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:04:31 ID:lAB7GErM



労働者に厳しい弾圧と強制労働が加えられる一方、トロツキーは反対派に対する批判をエスカレートさせた。



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!       反対派は怠惰な連中の共犯者だ!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ     奴らはメンシェビキの一員なのです!!
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i      よくもまぁボリシェビキ面できたもんですね!
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


899 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:06:13 ID:lAB7GErM



しかし、これは大いにまずかった・・・



 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .     おい馬鹿!言い過ぎだ!
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..    反対派が引き下がれなくなるだろうが!
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //


900 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:07:23 ID:5flUGBuc

有能なのは確かなんだけどこういう党内での争いが絶望的にヘタなんだよなあ


901 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:08:45 ID:lAB7GErM



メンシェビキとレッテルを貼られた反対派は、トロツキーに対する憎悪を強めた。
そればかりか、過激な言動は党内に反発と亀裂を生むだけだった。




                   .┏┓┏┓
       _,,..-‐    ̄    ┏┛┃┃┗┓
     /           ┗━┛┗━┛
    /::::::::           .┏━┓┏━┓
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┗┓┃┃┏┛
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ┗┛┗┛
  //|:::::::://:::::/ |::::|::::::|ヽ:::|ヽ::::::::i\::::::::::.∧
  i::./::::::/::i::::/::/::::i:::::::i::::::::|ミ:::::::iミ:::\::::::::::i
  ∨::::::::::::::∧::::::∧::::∧::::::|\:::::| \ミ::::::::::i
   ∨::::|:::/r',~.ニ...∨ \.|''-.,,ニ,'_"'i::::::):::::i
   .|:::::( ', 《 |::i||り     .イriiリ| 》.|::/::::./   よくも言ってくれましたね・・・
    ヘ:::::ゝ',. 弋ニノ     弋ニソ  i/:::::/
    ヘ,::::', ',             /:::::/     今の発言でトロツキーの人となりが分かりました!
     \ヽ >‐.,_  ⊂ニ⊃ _,,.. く":::::/
       ヾ/  i>''''‐-γ⌒、∧/      私たちは礼節をもって議論していたのに、
        i  _/   )T|   '  ',
       |    /  | \    ',       一方的なレッテル張りと人格否定をするなんて!
       |   /  o|  \   /
       ヽ-"     |   ヘ''-'
        /     o|    ヘ


  / ,':i::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::ll:::::::ll:l:::i i::::/ l:::::i:::::l i::::l:::::l::::l l!l:::l l::::::l,.!::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::
   ,': イ::::::::::::::::::::::::::::::ll::::::::l.l::::lヽ、\l::/ l:::;イ:::i l:::l::::ll:::l. l::l ,.∠ニ、:::::::::::l:::l:::::::::::::::::::::
    / !::::::::::::::::::::::::::l::::l;l:::::/ i::ト、 ∨゚タヘ、!:/.l::;' .l::ll::l ';::l_,.ィィフ_シ ,〉:::::::ll::l:::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::::::::::l;l::l;;;ll::/ l:/.ヘ_ `ー''" _ドー-  i:! llイ ハ、..二.._,.ィ,.\::::l:l:l:::::::::::::::::::::   トロツキー・・・
 .   l::::::::::::::::::::::::;'l:::;';;il/ハ / ヽ `¨ ̄== レ' illil l! = ==  -‐'  /ヽ;;;l:::::::::::::::::::::
 ..  l:::::::::::::::::;l::::;';;l;';;;;;;;;\ヘ         _.. -‐- .._           /l;;;;;;;;;l::::::::::::::::::::   先ほどの言葉、宣戦布告と受け取った!
    l::::::::::::::,';;l:/;;;;l/;;;;;;;;;;;;ヽヘ    _.. ‐_¨ -‐ :l‐- ¨_‐ .._     ./";;;;;;;;;;;l:::::::::::::::::::
 .  i::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'.,  ¨   ̄    :l.     ̄ ¨  ̄ /;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::
   l:::::::::::i';;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;;;;;;;. -‐ ヘ         .::l!:        /、;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::::l
 .  l:::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;'!:;'レ''´      \      .._..      /    \;;;;;;;;;;;;l:::::::::::::l
 .. l:::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;ノ l! ,. -‐ 、  / ハ.\  ''¨´‐=‐`¨   /! ヽ     \;;;;;;;';:::::::::l
   l:::::::::::l;;;;;;;;;/  / _  /   ',  丶、        ,.イ  .l   \     \;;';:::::::l
 .. l:::::::::::l;;;;i´ ./ /  ヽ/     i    > 、__ ,. <    l    \     ';;i::::::l


902 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:09:45 ID:lAB7GErM




      , < ̄ ̄`ヽ
     /    ___ ',
    /   ,ィ´: : : : : : `ヽ
   {  /::/: : : : l、: : : : :|       私たちは労働者の為に、
   l  /: : :|/ :l:-'/ |/ー: ト|
   ヽ_|: : : : |/|:/┃ ┃ソl        トロツキーと最後まで戦うんだからぁ!!
     |: : : : :|     〉:|
     ヽ: : : :|、___∠!ノ: ::!
      \_|: :「ヨココ、ヽ|r===┐
       {三三||ヨ||ヲ\||__.ノノ
       /┼ト[ヨ-F]ヽムそ_)
      /二]十十十',   |:|
      人__て`ヽ十トハ   l:|
   ,. -‐''   lニ|ノノニニ).  |:|
 /      ヽ| | | |  ._「|__
,'         `ヽ_|_| 「:::::::|:|:::::::|
|          }_ l_!:::::::リ::::::/
ヽ______ノ `)_)::::::::::/




両者の対立はもはや修復不可能であった。

ウラル地方の農民叛乱が国家全体を揺るがし始めた時、
ボリシェビキは、内部対立によって党分裂の危機さえ見せ始めていたのである。


903 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:10:32 ID:lAB7GErM



.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./    ふっふっふ・・・何やら面白そうな展開ではないか
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿    (反トロツキー派を勢いづかせれば、
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´      奴をレーニン後継者候補から蹴落とせるぞ!)
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
コミンテルン議長・ペトログラードソヴィエト議長(ペトログラード総責任者)
        グリゴリー・シノヴィエフ


904 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:11:19 ID:lAB7GErM



ジノヴィエフはトロツキーが事態を悪化させていると吹いて回った。


         /::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/フ,/ノ:ノ!:ノ  ヽ:.:.:.:.:.:.:!
        ィ":::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:./´ '"´ ノ/ノ/    !.:.:.:.:.:.:}
        /::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.,/r'"'´ レ'      "  '~    !:.:.:.:.:.:.:i
       {,ィ':::::::::::::::::::::::::::.:.:.:/                  ,!.:.:.:.:.:.:ノ
        /"::::::::::::::::::::::::.:.:./  -‐‐‐-、_            /:.:.:.:.:ノ
        i::::::::::::::::::::::::::::.:,'  __y'"´ ̄  `ヽ、      _  !.:.:.:/
       {::::::::::::::::,--、;>f'"´ ∥       !,-‐-v=≠‐-、`、!:.y'
       ヽ:::::::::::,! ,_ ヽ:.ノ   λ        ノ  ∥    }-'"
        λ::::::::l r'! ヾ    ゛ー---‐‐'"   λ    チ、
         ヾ::::::! |                 !゛ー-‐‐', i     この騒動の原因はすべてトロツキーにある!
          ヽ、ヽ ヾ             ,  ./    ,!/
           ゝヽ                    /ィ       トロツキーは責任を負うべきなのだ!
            `、λ_ i      `、‐- __       /ノ
             `〉 i       `‐- 二_=‐-,   r'
              !  `、         __⌒"   /
             !   λ              ,'´
              !    ヽ            i
            -!     ヽ           ノ
          ゝ'´ ! ,r‐‐--、、`ー-、___,______,ィ'!ー、
         λ  ! /,ゝ    `ー‐--、_____⊥‐' )_
 , ィ‐‐‐‐----==ゝ__レ'                 ,ノ;;;;ヽ、
'´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ,________,rー‐‐-‐‐‐'フ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : : : : : : :イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;`


                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\      なにを・・・!
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\      出世主義者がここぞとばかりに!
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、


905 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:12:12 ID:lAB7GErM



【補足】

          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_     この論争の過程でトロツキーは大きな失点を犯しました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ    労働者反対派への対応から労働者達から大きな失望を買ったことです。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/    
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |    後に政治的に追い詰められた時、
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ   彼のために立ち上がろうとする労働者はいませんでした・・・
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     シシシ!間抜けなトロ公が墓穴掘ってやがるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |   その調子で順調に評価下げてくれお!
  \  (、`ー―'´,    /


906 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:13:29 ID:lAB7GErM



  、... .... ...... .... ..... .... .. ... ,        , .. .. .. .. .. ... ...、. . . . .、_
  _)::::.::::.:::.::::.::::.::::.::::.::./ /       /:::.::.:::.::.::.:::.:::.::.:::.ヽ、: : : `
.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /       、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :    なんていうか・・・
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{     トロツキーって「政治」が下手なんじゃない・・・?
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
               |     ヽ             // | |: : : :
               | `、    r‐- 、    し .// /| |: ;/
              }  ト、    ヽ.__,ノ     ///__| |_:::::::
               / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
                 / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|   まぁ強行突破はボリシェビキの美徳ですし、
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |   レーニンが味方についてるから大丈夫だと思ったのでしょうね
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|   しかしそのレーニンも、トロツキーの手法に難色を示します。
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】


907 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:14:17 ID:5flUGBuc

敵を他の奴と食い合わせて後ろから刺すのがやる夫のお得意芸だもんな


908 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:14:31 ID:lAB7GErM



:.:.:/|:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.イ:.:.:/:.:.:/:.:.//:.:.:/1{:.:./:./:.:.:.:ハ
:./:.:|:.:.リ:.:.:.:.:.:.://:.:l:.:.{:.:.:/:./⌒V/\/!|イ:.:.:/:.:.:./:.:.:.!
/:.:/|:.:l:.:.:.:.:.:/|/:.:.:l:.: |/!K. (_) }}∠L:.||/:.イハ:.:/:.:.:.:.l
:./ l:.:l:.:.:.:./:.:|:.:.:.:.|ハ! / `¨¨!=   イレxz=ミ!/:.:.:.:ハ!
/  l:.l:.:.:.イ:.:.:l:.:.:./  !  u  |     {{ へ.0.リ:.:.:V.|
  !:.l:./:.|:.:ハ:.:/              ヾイリ:.:./Vリ
、 ハ:.:.:.:.|/  |/  u         r=-  ,' |:.:.イV
:.:ヽ|/|:.:.{   {               / ,:.:./     (くそ!農民叛乱でひざ元の赤軍が揺れてるって時に・・・
!:.:.:.|`¨!:{             ___  u ハ{
i:.:.:.{  ツ           γ´ー- 、_ア  ./        トロツキーの自由にさせるべきではなかった。
ヽ:.:|              `¨⌒ー'′ ./
 ヽ!   \           __,  ./          このままでは党が分裂してしまう!
ヽ      丶          ̄  /
. 丶       \           u   ,′          そうなれば最悪、再び内戦だぞ!)
  \       .> 、      /
    \         ア¨¨¨¨¨¨´
     \     , イ|ハ
       \ ,.イ リN:::::ヽ


909 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:15:45 ID:lAB7GErM



レーニンは事態を収拾する為に、トロツキーと労働者反対派の両者に属さない政治勢力を結成した。
第三極としてこの勢力にはジノヴィエフ・やる夫などが加わった。



.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i                   ____
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'                 /_,r'  ' !、\
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./                /(≡)   (≡)\
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i              n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿             y |     |r┬-|     |⌒)
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´              l \_   `ー'ォ     //
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,              \      ・    ・  ̄ /
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_              \         /
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_             >      <
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-       〃   (::)っ   ヽ
    _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:       ヽ  <  `‐' >  )
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        と__)   (__)





レーニンはこのグループを使ってトロツキーと労働者反対派の双方を批判することで、
党の分裂を避けようと努力したのである。


        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、     トロ公批判ならお任せだお!
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │


910 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:17:10 ID:lAB7GErM



【補足】



 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ匀}l:::::::::::`!  ||:::::|   ちょっと待って、
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|   レーニンは党の最高指導者なんでしょ?
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |     直接一言バンっと言えばいいのに、
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |     なんでこんな回りくどい予防線を張ったのかしら?
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ     独裁者というものは得てしてそういうものです。
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    外から見れば万能の権力でも、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      実際にはいくつもの慎重な準備をしてから
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|       行動に移るものなんですよ。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |      それができない人間の政権は長続きしません。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


911 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:19:13 ID:lAB7GErM



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,        それに、当時はやる夫時代ほどの独裁体制が出来ていません。。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\   意外ですがレーニンはイメージ通りの独裁者ではありませんでした。
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ    つねに党が分裂しないように四苦八苦していたのです。    
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |    彼はなんでも自分ひとりで決めたわけではないのですね。    
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |


912 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:20:21 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/    彼が突出した指導者であり得たのは
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||      議論を巧みに誘導し、
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      うまいこと結論を引き出す能力に秀でていたからです。
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!




      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |  ・・・日本の国会でも活躍できそうな人だったのね。
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |


【補足終わり】


914 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:21:30 ID:lAB7GErM




【ボリシェビキ党内】




マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
 ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
(´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
|し U∧∧    ∧∧と ノ
 u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
    (っ ≡つ=つ⊂⊂)
    ( /∪ バババ∪ ̄\_)
     オラオラ!!



しかし、ボリシェビキ党指導部の意見対立と壮絶な議論・批判合戦は
飢餓と物資不足、弾圧的労働に晒されていた大衆に大きな影響を与えた。


915 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:22:36 ID:lAB7GErM



大衆たちは、ボリシェビキの一党独裁によって言論の自由を徹底的に抑圧されていた。

その彼らの前で、ボリシェビキ幹部は労働の軍隊化を巡って互いに意見を表明し、批判し、
大いに議論していたのである。





           Λ_Λ
          (´・ω・`)  ・・・
          ( _ )
           U U





彼らに許されて、なぜ自分達には議論や批判が許されないのだろうか?
大衆と自由の為の革命ではなかったのだろうか?


916 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:23:52 ID:lAB7GErM



1920年の11月、飢餓と物資不足に冬の寒さが加わろうとしていた頃、国家全体を深い苦悩が覆いかぶさっていた。

都市労働者は艱難辛苦の極みにいた。奴隷労働を強制される一方、パンの配給量はことごとく減らされ
冬を迎えるにあたっての衣服さえろくに入手できないでいた。




                                   -- 、
                                  /´      \
                               厶---  、
                              ,ィ≦__ ´ ̄`ヽ\
                           tf´ /__, ≧t、   \>-
                            ____`¨{tテッ `ー,tテッv┬v
                      ,ィ==≦、 、   `}`¨f^ヽ `ー宀│
              ト((ィー'^</ /    \ヽ、  j;; ^__`_  ;;;u j Y
.       , --- 、  ,r'      ∨ __,tッー¬fっ=r-ヘ r'===ヘィ   '^'__
      .イ廴__   ー≦f(乂从儿 ヽ!てテ  てテYヽ ヽ` ̄ ̄´;;u , ' /
     〃__,{ ヽ、 、({ ≦   ≧zヽ, } こ'⌒ヽ ¨´u |Y^ヘヽ、___ _, イ/
   、」:ftッ,ヽ、 ハ ミニ! /⌒ヽ ;;ト┘{ ;ヽ弋iつ7´,'└〉_ノ^f^ヽ、´/
    ヾ_| 〈_、 |  |   〈';;r===-イ 气,ハ `¨こ´u;;; _/ヽノ| ,ァ=r- 、
     「! fニぇj  j   入`¨こ¨´ u  /f≧ー一 '´  ,/ 厶八_ノ   \__
.     ヽ、 `¨7 ,イ/>rr--r≦´  jf`=--    /   ,r-、




人民は、耐え難い日常と化した飢餓、独裁、それに迫害を打破する何か根本的な変化を待ち望んでいた・・・




     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    農民叛乱に遅れて約2か月・・・
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     ウラル地方で農民叛乱が継続するさなか、
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |     ついに労働者達は我慢の限界に達して
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     行動に移ります。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


917 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:24:49 ID:lAB7GErM



年が明けて1921年2月、
首都モスクワの工業区画で大規模なストライキが発生。

労働軍隊化の廃止と政治的自由の回復、果てには制憲議会の復活を要求して労働者が声を上げたのだ。



        / ̄ ̄ ̄\
       | 」」」」」」」」」)            ______( ̄ ̄`´ ̄ ̄) )))川川(((
       |(6ー③-③|ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄\(::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/(三三◎三三)(三三三三三)
       |:::|ヽ   .> |  彡彡ノ((((^^)))))|::/ ノ   ー|ミ _  _ ミ(6 ー□-□-|)
       |ミ   (=)/  彡ミ ー○---○ |(6ー[¬]-[ー].|(∴ ` 」´ ∴)|___´ つ )
     / ̄ \;;;;;;;;;/ ̄\ミ(6    ( 。。) |/∪   ^^  |/\ ( へ) /|反独裁| ∀ /
     |  |       ||ミ (∴   (三)∴)  :::: )3 ノ   (___)(⊃   |__/|「| ̄[]
     |  |       / ̄ ̄ ̄\,,,,,,,,,,,,,,ノ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\ .| ̄|⊃ ⊂|\
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ ( ((((((^))))))´ ̄ ̄ ̄ ̄\(# ノノノノノノノノノ)|___A_|.´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ)
   (  人____).|ミ/ \=/| ノノノノメノナノノ)  ノー◎-◎|ノ川 ノ  ー))/))ナ)))ナ)ヽ,)
    |ミ/  ー◎-◎-)(6ー[¬]-[¬] ノー□-□-|リ(彡ミ)\   っ |ノ川 ー●-●| ノ  ⌒ _ ⌒ |ノ
   (6     (_ _) )|    、」 |川) ∴)`_´(∴)ゝ彡ミ)、 | ∀.ノリ|   (・・) |( ///)  3 (//)
  _|/ ∴ ノ  3 ノ \  (ー)// \___/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/:|   (三) |)ヽ____ノ()
 (__/\_____ノ_|  \___/ |_|       | ノ三三三三|/::::::::\___/ヽ.      ヽ()
 / (__))     ))| |       | |      (6ノー⊂⊃⊂⊃:::::::::::::::::::::::::::::::::|ノ        (())
[]______.| |       ヽ |       | |       |彡    ・・  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/|       )|
|]  | |______)_)三三三国(__)____ノ彡   (ー ノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_)_____))
 \_.(__)三三三国三) \:::::::::::::::/ . \::::::::Y::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三[国])、_/)_/)_\
  /(_)\::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::::::|:| ̄ ̄ ̄ ̄|::::|:::(⊃ 言論の自由奪還 ⊂):::::::::::ヽ;:::(∴)◎∀◎(∴) \
 |自由  .|:::::::::/:::::/   .|:::::::|:| 反独裁 |::::|:::::|________|´,):::::::/⊂) ̄        ̄(つ ̄
  |____|;;;;;;/;;;;;/.____|;;;;;;;|;|____|;;;;|:::/;;;;;;__.へへ__;;;\/;;;;/;;/(~ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄~)
     (___|)__|) ..(___|)__|)..(__|(;;;;;;;;;;;___||__;;;;;;;;;;)_|)_|) (____)___)


918 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:25:09 ID:lAB7GErM



党内対立が深刻化していただけに、事態を深刻に受け止めたレーニンは
自ら工場に乗り込んで労働者を説得しようとした。




.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|    今までにない規模のストライキだな・・・っ
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     僕が直接説得する!
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!     お前たちは手出し無用だ!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


919 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:26:28 ID:lAB7GErM



レーニンは得意の演説で労働者を説得したが・・・




  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/


                                    _. - .
                                    . イ:/:.:./:}:.ヽ
                                   /!:.//:.:.:,:./イ:|:.ハ     労働者諸君。我々は諸君の役割を些かも過小評価していない。
                              |:レ'イ:.:ィ;左,}A:./}
                               乂_斗イ    ,.}イ     戦争は終結したが、今や経済という新たな脅威が出現しているのだ。
                                   }ハ从   、ァ/
                                   太ト{ > ._/       その脅威を打破するために、諸君の英雄的労働が必要なのである。
                                  ィ' {、 `ー┐ハ>;-、
                         _. イ :| { \  A.ィハ > !         rァ
                           fー 、  |__ハ. ゝ' 'V{ハ`!|>、     _f´弋_
                        ハ     /  '    芯. ! |{  }^ー-< ヽ, --’
                           r'   /} \. 丶.   マハ.',i:|       /
                      r┘ ィ  |.   \ ヽ.  マハ’トー---- ´
                      r '           \ヘ.  マム:{
                      _ -く、      リ      oヘ.  }/ム、
              _.. -‐ ´    ヾ   >ヘ           '  |/.ハ'、
          _ィ´ ̄           /   }       o.! |/ハ'、
., _.. ー---< 丶      、    >'      V          |_人//|ハ
ゝ--ー 、     、. ヽ      > ´       }        V¨YT´ハ'.
     }  {   .}!  }  . -‐ ´             | |¨ ー- ._  o'.:.|:.|/:.:.:}',
    ./     八_> ´                   | ¨ ー- _リ   }:.り:.:.:.:|:ハ
    / / / , ./                     |         |:/イ:.:.:|、_}


920 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:27:23 ID:lAB7GErM



だが、労働者から帰ってきた言葉は、「ユダヤ人はくたばれ」であった。






    (⌒⌒)      (⌒⌒)         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     川        川         <                       >
    (Д´) ∧_∧ ∧_∧       <  ユダヤ人はくたばれ!!      >
    ─ノ⊂(Д・ #)、(Д`∧ ∧     <                        >
    ┌ <   (^ニ  /l  .(Д゚# )     <   ユダヤの共和国はくたばれ!!  >
         (_┌ (_ 凸ニ ○v      <                       >
          し  l l  l \        VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV






                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',     なっ・・・!貴様ら・・・!!
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


921 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:28:48 ID:lAB7GErM



【補足】


        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N. r=-、.ヽ/ソ .r==_レ'´// |/  | |   |     ユダヤの共和国ってどういう意味なのかしら?
        |  ! |l |弋::リ   弋::.リ .1  |    | |   |
.      | ! |lハ   '_   """ ノ!|   .|    | |   |
.      !.| | l/:ヽ// )、_ ,.< _|!  .|ヽ   | |   |
        !/ | 〈.:.::{   '´ /〉;:;:;:;:;:;:;//|  .|:.:.::', l l   |
       | /.:.:./ |    /ニ、;:;://;:;! 、|:.:.:.:.:L_! .!  .|
    _,.∠=ニ〈::.ハ .ト、   ノ:;:;:;:;:;:;:〈〈_;/|  ヽ:.:.:.:.:.:.Ll!  .|
    `ーニ二_‐|.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:ヘ V:.\ \:.:.:.:.:.{!  .!
      |_>'i.:.:<.:.:.:.:.:.Y.:.Y.:.:.:.:.:.:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.}  .i



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \   ボリシェビキの中枢にはユダヤ人が多数いたのですよ。
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    レーニンや、労働の軍隊化を推し進めるトロツキーもユダヤ人です。
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l     政権への不満が、欧州伝統の反ユダヤ感情と結びついたのです。
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !     これは農民叛乱でもよく見られた傾向です。
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!


923 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:29:46 ID:lAB7GErM



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ
        / ,=          ヽ     レーニンは、人民が予想以上に
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_       ボリシェビキから離反している現実にショックを受けました。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ      かつてロシア革命の時、あれほど大衆を熱狂させた
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/      レーニンの演説が、今や聴衆の野次でかき消されていたのです。
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |



         _ ,;--、_ , 、-;: 、
      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_
     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-
  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___
./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |
/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /      くそっ!
ーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /
 j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /       まずいぞ!本当にまずい!
 /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /T
  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j      こんなことは内戦中にだってなかったんだ!
   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./
   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/        このままだと政権が倒壊するかもしれない・・・!!
   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
   | l   / ,>  / //        /
   |    /ゝ--tr'´ ./        //
  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
 ./ ノ/     /         / /
   /      ./        ./  ./   ./
  /       ./        /   lj  / /
/       ./                /


【補足終わり】


924 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:30:56 ID:lAB7GErM



労働者の決起はモスクワに続いて10月革命の舞台であり、革命の象徴となった旧都ペトログラードでも起こった。

パンの配給量増加と、言論・出版の自由を求めて工場労働者が集会を始めたのである。




                     ∧_∧   
                    ミ#゚Д゚彡  <労働の軍隊化反対!言論の自由を!パンを!衣服を!靴を!
                    ( ¶ ¶   )    ボリシェビキの一党独裁を打倒し、
                 ┏━━━━━━┓ 自由なソヴィエト選挙を実現させよう!!
                 ┃            ┃ 


   ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧
  (    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)
    ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧
    (    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)(    #)


925 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:31:43 ID:lAB7GErM



この事態はペトログラード責任者のジノヴィエフを狼狽させた。




        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /    まずい・・・私の責任問題になるではないか!
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|      今すぐ集会をやめさせろ!
           ヽ_|      |       し    i //
            ヽ       ` "       u   /リ      各工場委員会はただちに業務を再開させよ!!
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ




騒動は時が立つにつれて勢いを増していった。
無能なジノヴィエフは弾圧以外に対応策を思いつけなかった。


926 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:31:49 ID:CKk1UBx.

帝政時代まではすさまじいユダヤ差別があったんだっけか


927 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:33:16 ID:lAB7GErM



2月22日ペトログラード最大の工場、トボローチヌイ工場で
労働手帳の検査を行ったことが最大の不手際だった。

この期に及んで労働者を管理しようとする当局に憤慨して、労働者はすべての業務を放棄しストライキに入った。





                             ,,,,,,,,,
                              [|,,★,,|]                ∧ ∧
     トボローチヌイが弾圧されたぞ!     ( ゚Д゚)                (゚Д゚,,)    俺達もストに参加だ!
    ストを決行して抵抗してるらしい!     / (y) つ               (|   |)    ボリシェビキの野郎に
                             ∪/ |                 |   |?   労働者の団結力をみせつけてやらぁ!!
                             し"し                 ∪ ∪




バルチック工場、ラファーム工場、パトロヌイ軍需工場などがこれに続いた。


928 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:34:42 ID:lAB7GErM



工場労働者は街頭に繰り出しデモを開始。

ボリシェビキ労組幹部が現場に急行し労働に復帰するよう呼びかけたが、
車から引きずり下ろされたあげく、殴り殺された。




 ババ        バババ  ババババ
    バババ ∧_,∧  ババ ∧_∧ バババ       トボローチヌイの同志達をイジメやがって!
  ∧_∧バ( `・ω・∧_∧ (・ω・´ ) ∧_∧
 ( `・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・´)      ボリシェビキ野郎はひっこめ!
 (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)
 /   ) バ∧_∧| x |∧_∧ バ (   \     フルボッコにしてやんよ!!
 ( / ̄∪バ (  `・) ∪ ̄∪(・´  )ババ ∪ ̄\ )
  ババババ/    )  バババ (   \ ババババ    俺達にパンを寄越せ!靴を寄越せ!
 バババ  `u-u'. バババ ババ `u-u'


930 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:36:07 ID:lAB7GErM




          ,' . .: .:: .;;;;;;;;;;;;;;;;::;;:: -'"‐''",. '".:.::.:::.::'、.:.:;;;;;::.:..         |
           i . .:.:.;;;;;;;;;;.:;;:: ‐''~.:.::.:::.::::.:::::.::::.:::.::.:.:. :. ';:.::.;;;;;;:.::.         ,'
             | : :.:;;;;;;;::;: '".:.::.:::.::::.::::.:::::.::::::.::::.:::.:::.::.:.:. ' 、.:;;;;::.       /
            i | .:.::;;;γ.:.::.:::.::::.:::::.::::::.::::::.:::::.::::.:::.:::.::.:.  \.:;:.        ,'
           Yi ::::;;;;:i .:.:::.:::::.::::::::.::::::::::.::::::::.::::::::::::::.::.:.   \     人,_
        _,,,... -‐', : ::;;;|.:.::.:::.::::.::::.::::::::::::::::::::::.::::::.::.:::.::.:.  ノ( ',    /` 、.:::.~"'''ー- .,
____,,. -‐''".:.:::.:::.:::.:.' 、,..,i:. '"' . . : .: .:::.:::.::::::::::::::::..:::::.:::..⌒  ⌒  | /^ヽ.:.:::.`、.:::::::::::.::.:.:..~"''ー 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::i:.⌒"'ー 、., .:.:.).::.::::.::::.:.,. -‐'''"~'ヽ   ,.メ~,. ,  |:::::::::::.';:::::::::::::::::::::.:::.::.::.:.`
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':', ::'; -‐‐--  、!.:::::."''~ --‐‐‐- 、 / :レ'⌒) :i;;:;;::;:::;:::.';:::::::::::::::::::::::::::::: : .   調子づきおって!
::::::::::::::::::::::::::::::;;:;;;;;;;;;':;:;;;', (       Y⌒ヾ|          )    | / ,';;;;;;;;;;;;;;:;;;;';:::::::::::::::::::::::::::: : .
::::::::::::::;:::;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;';::i 、      ノ.::.:::.('、      ノ    ノノ /,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;:;;;;::;::;:::;::::::::: : .   ただではすまさんぞ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;';i.:.:.~"'''ー'''".:i.:.::.::.::.:.`ー--‐‐''":.   .::. /'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;:::::::: : .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.:.:::.:::::.::::::.:::ノ.:.::.:::.::::::.::::::.::::.::.:.     / /.:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,   バルチック艦隊の砲撃で
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'、.:.::.:::.::::.:::.'ー、ー'.:.::.:::.::::.:::.::.::.:.   ,'ー///.::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'、,;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,λ.:.::.:::.::::.:::::.:::::::.:::::.::::.:::.::.::.:.   ,'//ノ.:::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,   都市区画ごと吹っ飛ばしてやる!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::';.:::.:::.:..,..,_,,,,... -‐- 、.:.:.  /'  i'.:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,),;;;;;;;;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ゝ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、::';.:.:::.:..~"'''''''""~ ̄"~.:.::.  ノ   /.:ノ.:/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: -‐''",;;;;;;;;,;;,;, ; ,   (ほんとは海面が凍結して
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,~"'''‐- .::;;;,_;;;;;i;:::';.:.:::.:::.:.::."'''"~.:.::.:::.::.:.  /   /'".::/ /,;;;;;;::: -‐'''"~,;,;;;,;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,ノ,;;;;;;;;,',、:.',.::.:::.::::.:::::.:::::.::::.:::.:.:. /ー'''"~.:.:/  i/,;,;;;,;;;;,;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,    艦隊は行動不可能だけど・・・)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;,. '",;,;;,;;;;;;;;;;;,',`'ゝ.:.:::.::::.:::::::.::::.:::.::.:. ノー、,,. '"   /,;;,;;;;;,;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,γ,;;,;;;;,;;;;;;;;;;,;;;;,;;;;,',/ ~""~ ̄~"''ー'''" .:. .::.\     /,;,;;,;;;,;;;;;;;,;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;,;, ; ,


これに対してボリシェビキ当局は、
クロンシュタット水兵が反革命的暴動をかならず粉砕するだろうと声明を発表し威嚇した。


931 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:37:21 ID:lAB7GErM



ジノヴィエフはチェーカー部隊を用いてデモ隊を強制解散させたが、
2月25日、それでも労働者達は挫けずデモと集会を市内各地で開催し始めた。


┌──────────────────────────────────┐
|―――――――――┐┌―――――――――――――┐┌――――――――|
|LIVE      【集会中】||LIVE              【集会中】||LIVE    【集会中】|
|   ∧,,∧           ||  ∧∧               ∧,,∧ || : : : : : : : : : : : : : : : :|
|  (・ω・`) ∧,,∧   ∧|| ( ´・ω)∧,,∧  ∧,,∧ (・ω・` )|| : : : : : : : : : : : : : : : :|
| ∧∧   (´・ω・) ∧,, || (∧,,∧ ´・ω・)(・ω・`∧,,∧  )|| ;_;_;_;_;_;_;_;_; ヘ⌒ヘ _;_;|
| ( ´・ω) ∧,,∧   (  ´|| ( ´・ω) つと) l U (・ω・`)  ||  ヘ⌒ヘ (´・ω・) |
| U   ) (´・ω・`) (  || (   ´・) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ(・`  ) || (´・ω・`)ノノ川川 |
|       (    )     ||(  ´・)  旦      旦 ヽ(・`   || ノノ川川レ      |
|         埼玉支部 ||(  つ/ 旦       旦 NY支部||       火星支部 |
|―――――――――┘└―――  ∧,,∧ zZZ ――――┘└――――――――|
|  ∧∧   ∧,,∧   ∧,,∧      (´-ω-`)       ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧    |
| (ω・` ) (´・ω・) (・ω・`)  ___(___)__   (・ω・`) (´・ω・`) ( ´・ω・)     |
| (  U)  ( つと)  (   )  E=======ヨ  (  U)  ( つと ) (    )   |
|,∧/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     議 長   |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    |
|  ∧∧  ∧∧  _____| |             ||__ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  |
| ( ´・ω) (ω・` )  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧     ||   ( ´・ω・) (ω・` ) ( ´・ω・) |
|  | U |   lと  | ( ´・ω・)(´・ω・`)(・ω・`) ―┘ ̄ (  ´・)∧,,∧ (・`  )  ( ´・ω)|
| (   ´・) (・`   ) | U| ( つと ∧,,∧ と)       | U (    ) |と |   (    ) |
└──────────────────────────────────┘


932 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:38:53 ID:lAB7GErM



ペトログラード守備隊は怖気づいて市民との対決を拒否した。

業を煮やしたジノヴィエフは戒厳体制を敷き守備隊を武装解除させ、
市外から党に忠実な赤軍部隊を招集する。



             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈    もういい!その武器を寄越したまえ!
          \:! ぃ         ′ ./
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /     君たちが戦わないなら我々で有効活用する!
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |






        /                 ∧          ヽ
       /          ,.   , / \ 、       ヽ
     ィ           / {///! /    ヽi         ト
     /〃         イ / '〃//      | i          }
        ! ,    〃/' !/  ′/       ヽ|       iリ
      リ/!   」 ー- 、、        _,.. -‐、 {      ノ′
          !.  f !.r―==㍉'__r '  ̄三、ミ!_」_/ ヽ  /     赤軍の介入は最終手段だ!
         \|  .{ : : 工ユ} |  |: : {⊥∠: } ̄ i' i 、| /
             i  「 ̄ ̄ ̄ .|  `ー―― ′   い !|      (自力で解決できないと私の評価が下がるからな)
           ヽ_|      |            i //
            ヽ       ` "          /リ       ペトログラード・チェーカーは直ちに出動し
              ヽ      ___  、   ィ-〃
               i. { ー== ┴ ´   ′ / |'′        不穏な反革命的集団を粉砕せよ!
              ト.     ̄      /  | 、
             /| ヽ            /   .|.ノ!
              | ̄ ̄ヽ-┬‐―ァ‐-- 'ー‐ '´ ├- .._
        _,.. '´!_   〈 ! / 」    _,..┤     ‐-  .._
     ̄ ̄ ̄/   |   ==‐ゝ-∠ -‐ 二    |       \  ̄
        /     ト,.. '´/   i `ヽ_____,.. ァ′          \
      /       /  /     }   `ヽ   /             _ノ


933 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:40:08 ID:lAB7GErM



市内では依然としてボリシェビキの弾圧支配に抵抗しようとする労働者が呼びかけていたが、
すでに市は赤軍部隊によって物々しく包囲され、市内はチェーカー部隊が徐々に制圧しつつあった。




 [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|] [|,,★,,|]
 ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∈゚ )   (゚∈゚ )   (゚∈゚ )  (゚∈゚ )
ノ⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ ⌒[|,,,,|]
∋ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿∈゚_)
,,|]ヽ  / . ヽ  /  ヽ  / . ヽ  / . ヽ  / . ヽ  / /⌒[|,,,,|]
゚∋∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽミイ ∈゚_)
,,|] |  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿. | |  丿  | |  丿. | /⌒[|,,,,|]
゚∋ .| / .  | | /  | | / .  | | / . | | / .  | | /  ミイ ∈゚_)
[|,,,,|] .ノ    | | .ノ .  | | .ノ    | | .ノ .   | | .ノ    | | .ノ.  | /⌒[|,,,,|]
(_゚∋   彡彡   彡彡   彡彡   彡彡   彡彡..  ミイ ∈゚_)
[|,,,,|]\                 ∧∧ ハッ          | /⌒[|,,,,|]
(_゚∋                 (;゚Д゚)            ミイ ∈゚_)
([|,,,,,,,,|]         .      /  /               | /⌒[|,,,,|]
ヽ(_゚∋               ~(,, UU)                ミイ ∈゚_)
 ([|,,,,,,,,|]\ [|,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,|]      [|,,,,,,,,|]    [|,,,,,,,,|]  . [|,,,,,,,,|]/⌒ ヽ
  (_゚∋彡 (_゚∋   (_゚∋      ∈゚_)   ∈゚_)   ∈゚_)ミイ    )
 (  ⌒\ (  ⌒\ (  ⌒\   /⌒  )  /⌒  )  /⌒  ) .| ( (
 ヽヽ个彡 .ヽヽ个彡  ヽヽ个彡   ミイ  //  ミイ  //   ミイ  // |  ) )
  )). |    )). |     .)). |      | ( (    | ( (    | ( ( | //





     ,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,,,,,,
    [,,,|,,★,|,,]          [,,,|,,★,|,,]
    (  ゚Д゚ )   ∧ ∧   (  ゚Д゚ )
    ( ”チェカ” フO(;´Д(::) Oと ” :|”〉   おら!工場にもどれや!!
    /___:|__|   )~ : ~/ /__:|_|
     し(__)  ( / (_/´   し(__)


集会は各地で粉砕され、労働者はチェキストによって工場や監獄へ連行された。


934 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:41:38 ID:lAB7GErM



┌───────────────────┐
│ペトログラードから北西36km フィンランド湾..│
│海軍クロンシュタット要塞            ..│
└───────────────────┘




                                /ヽ
                            ,//   `ー-、
                         __r‐/ /  !  .ヽ \
                        __/   i ." i  !.、  ゙lゝ .l=ー..,i-、   √/冖l_/⌒/'ー、   _
                /∨ \/ `'-、 !.!  .|、│ ゙'‐ `  .ヽ !  ゙ン'⌒゛ /   `  ./  ..l゙''"゛ \,..ー、         メ\
                / ./  .i  \  ゙ニ=- ゙xX彡爻爻爻ミミ¬--爻炎ミ--xX爻ーui_爻X-.._ ,-゙ヽ、_`';;、___/ |.、 \
           //,/ / .l : -;;'"彡爻爻ミ璽目旧[]璽旧「幵幵冊龠彡爻爻ミXxレ! rv-'/ .,! .<゙ヽ_,゙ヽ_ `゙゙'ー龠爻ミXニ
   _心≧=─-'゙二‐┴-←''二=-‐、,,. ⌒`ー、璽幵「璽冊[]目高龠璽幵xx__xX爻ミミil!爻l/./ .ll,  .l  .`''-ミr ゙̄TTi冖 ̄ | /
  .l|_龠爻ミ‐x彡爻‐≠ニ'"゛/ | \.`゙''ー---..__xX「高[]龠爻ミミ''‐爻.-=―--二=ィ⊇_____爻爻炎二==-,,..ニi ! 八  /
  .ヽ i  ゝ__ `===ミ彡爻ミ/   !  `';;v-八´  `'-、爻iii,i...、二=爻(= ‐ 二 ≡= 三 =ニ ),龠龠爻ミミtr'"、.l iゞ'"  V
    ヽl ,i"´ =ヽ 一‐璽 ̄´彡爻炎ミー'l―xX彡爻爻爻ミミヽ二_ `゙゙'|‐===广==|:i:l''T゙゙゙゙゙| .i二___┬|l | l.,i"゙'ー、
     ∨ `-≠、彡傘ミr─-'" ̄´.! ゙''ーt- _x彡爻龠爻ミミ___ヽi,,ヽ  |  |    ,!:i:i .}  ! . /  l  .,!〃,,!,,/゛ ___/





                                 |
    __                          ヽ
     ヽ_ヽ__                      |
        ¨¨丶 `ヽ=                    》
          ヽ_  `ヽ、                 |_
             ¨¨¨> \                  ヽ=___
   クロンシュタット要塞ヽ   ̄ヽ                     ゝ_______
                \  /                                《      ____
                  ¨ヾ´                                 \   /::::::::|_
                                                      |   |:::::::::::::
                                                    /¨   /:::::::::::::
 ̄ ̄ ̄\_______                                    \   |::ペトログラード市街
                \                                    \  |::::::::::::::
                  \_                                   》 |:::::::::::::::
                     \_                              /  \:::::::::::::
                        ¨¨\__                       《      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              \__                   \
                                  \                  /
                                    ¨¨\_________/´


935 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:43:24 ID:lAB7GErM



;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,,ヘ!/ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;/;;;,;;!;;;,;;;,ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,/;;;,;;;,;;;,!;;;,;;;,;;;ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,/ ̄ ̄"/"    "ミ、;;;,;;;,ハ
;;;,;;;,;;/    /"       / ` ー ヽ
;;;,;;;/|    " ̄ヾ、   |   i /;;;,;;;,;;;,ヘノ
;;;,/. i       r-ェ-y-'、 y=';;;,;;;,;;;,;;;,/
;/、 !    、.  `  ゛ / .ヽ|;;;;;,;;;,;;;,;/.    なにやらペトログラードが騒々しいようだが・・・
'  ヽ.、 .  ヾ、       、;;;,;;;,/
ハ          ヽ    ,>   y;;;<       一体何が起こっているのか、知っているか同志キルガスト。
;,ヘ        /  "- l/フ'.
/ ヽ        / ______l |/;;;,/
   ヽ.     -"―--ノ
     ヽ   ⌒ " ̄!/
`\  ー '"ヽ____/
`ヽ `ヽ、    |
バルチック艦隊戦艦「ペトロパヴロ」操舵将校
   ステパン・ペトリチェンコ








                                  ___________
                                  rfilililiilililil≦liliヽ
                                  ,.,.}ilノ ニニニ ヽilil>,
                    __         {ilif _,  ,, ― {ililili}、    ジノヴィエフは資本主義列強のスパイが
                   / i}         }ili}´____ィ /'r,,aァ' ヾililil{     ストライキを扇動してるとのたまっちゃいるが・・・
                  / 厶'- 、   ))  {ili{´,raァ} !、    }"ヽ
                  ′   ____}}  ((   ヾハ   、、  ヽ  {__.ノ     奴の言うことは信用ならねぇ。
                |´   __}}フ  ))   { ヽ ( t:,=ー 、 }  Y{
                |´   _  }}   {,(     ゝヘ,〈/´ ̄     八      奴はペトログラードで王侯のように振る舞ってた人間だ
                |     i}_ノ   ゞ     ,〈/、    /j  ,
                |     /        =ーz,〈/ }ト-=='  /  ',
                | __  ィ          `  ,ヘ    ,厶ィ≦}i,_
                |     i{>。   ,. : :´≧==ー〈{o >s<    o/:〈:≧======ー-
                }ゞ==≦ililiノ}  /: : : : : : , : : /:} /{三ハ   /.:: :{: : : : : : : : : : : : ヽ
                }: :`¨¨¨´iu:{   }彡' : :ハ/: : /: :{'  }ミ{ }i イ: : : :{: : : : : : : : : : : : : : \
                ト: : : : : : iu:{ /: : : : : :}}:./: : :{  i}ミ{ ´ /: : : : {: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                }: ヾ: : : : :.:i{': : : : : : : :,リ.:\: : :}  i}ミ{  /: : : : : {: : : : : : : : : : : : : : : /.:∧
                }: : :',: : : :.:.i{: : : : : : : :/: : : :.\{ /ミ{ ./: : : :<´: : : : : : : : : ',}}i, : : : : /.:∧____
                           クロンシュタット軍港水先案内人
                                 キルガスト


936 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:44:57 ID:lAB7GErM



             . - … -  .
         . : ¨ ´         \
        /              \
        ′    /      / /
.     /     /   /    / /‘,     ‘,
    /   ./   l _ .. ,/   / /  ‘,  l        モスクワの労働者達は
.      ,'   l _ ./`_、´-‐´ _ . : ´, l   ‘,
   l   ,'    l ´了圦` `  ´ィf云ミ l,'        制憲議会の復活を主張していました。
   |  .|   l .匕汐       杙リ `l:     ‘
.    l  ‘.   ‘,         `¨¨ .l       l    当局の言うように、労働者がメンシェビキと
   ‘,  ' 、  ' 、     - '    /,     '
.     ,.‘ \ ‘ヾ、   _ ,,.. _   ./    //     内通している可能性も考えられますが・・・
.     \‘,  ヽ‘     ¨   /’   ././
          \_.、 ‘,ヽ     . : ´///-、'
      ..<   \l  ` - ´ |     ./
      ∨      >      l   ._/   _
      ∨    / l      l   ∨` ' ´    ` l
  バルチック艦隊戦艦「ペトロパヴロ」主任電気技師
            パトローチェフ





三三ニ"    丶ミ三
三三彡"     `ヾ〉〉
三三オ         :|リ
ヾ:オ´   -‐、     |リ
 ミ     、 ヽj  j
    ',    `''= ゛〈         1917年の10月に、
           ',
     /   , '   _ >        先頭に立って臨時政府を倒したペトログラードの労働者が
        _ . . 、-´
`丶  ',   `¨ >ム 、          資本主義のスパイやメンシェビキに成り果てると思うか?
>./丶 _  :l  ` ム 、
   >、   ¨     ` ム 、      どうにもキナ臭ぇぜ・・・こいつは。
  /:ヽ \
ヽ〈:::::::〕,: : l>.
: :∧::::::l ',: :l : :>.
: :: :∧::::\: :\: :∧
: : : : ∧::::::\: :\: :\


937 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:45:51 ID:sBc9Nibs

お前らのような戦艦乗員がいるかwwwww


939 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:47:09 ID:5flUGBuc

あんたら遥かな未来でプーチンさんと麻雀打ってなかったかw


938 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:46:29 ID:lAB7GErM




                           /   !  ヽ/´ ̄¨ミヽ、
                          /    !、 ミ!   _    \__,.
                          /    /ミヽ ミ! /,ハ  ミ  ヾミ三ニ
                     __,,. - ´ // ,/ミミミ:ヽ l ///∧    `ー=ニ
                  二ニフ   /ミミヾゞヾミ V ///,ハ
               r-―‐''¨ // / 三ミミミ,,yZM州!!宀冖''ミ\
                `ス=、_ミくく 三三ミ''`        _ {ミ ` ー―‐
                 \_ミ三_ゝミ、彡 !      i !  _∠_´ ヾミ 三 彡    ・・・私も同意見だ。
                  ーr=彡巛T { ,rェ=ェ、」 V/'宀¨ ` 「ヾ、 三彡
                   _\彡ヾミミ\ `二`λ h      ノ トソミミ≧=
                      /L」.}_,. >-ミ ミZニ__  ! ! :      |ミミヾミ`
                   /__ ///`ー'フ 彡ミミ=' r'._,. ┘ヽ    jミミ三ー     どうやらペトログラードで何が起こっているのか、
                / ̄/7´ γ´彡ノソハ   /, -―-._ 、 / Vハ「
                「゙ヽ/''=ナ/¨`!/,.rー T¨ヾ彡llト ., ¨二 ̄-' !/   V`      この目と耳で確かめる必要があるようだな。
                / ! /  !ノ  〃 ,.-ニ二_`ヾ|  >、__,./ ̄¨¨ ‐r-、
            | !「  r   7  〃ヽ _,ノ _⊥‐'´  /:.\       \
               | /l   !  〈  ノ  厂 ノ!     /:.:.:.:.:.:.:\       |
            | _!        「  / ///  ./ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\    |
               |               「,','//,ハ  /   〉―ー┬'    \ //
           」              |,','//,//| /    /:.:.:.:.:.:.|    ////
         / ̄ ̄ 〉           /,','/,///ハ     /:.:.:.:.:.:.:.|  //////
      /,',',',',',∧         /,',' /////ハ  /::.:.:.:.:.:.:.:.| ////////
    /,',',',',/,'\\      _/,',', /,/////∧ /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|/////////
   /,',',',','/,',',',',','\\   γ,',',',',' く////////V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://////////




2月26日、戦艦ペトロパヴロフスク将校ペトリチェンコをはじめとする
クロンシュタット水兵は、ペトログラードの状況を知るために代表団の派遣を決定した。


940 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:47:18 ID:lAB7GErM



【補足】

     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:   戒厳状態のペトログラードに
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:   いち水兵の判断で代表団なんて
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:   送っていいものなの?
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:    艦隊司令部から許可とかいらないのかしら?
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    実はクロンシュタット軍港の水兵は
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /    特別な存在なんです。
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


942 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:48:02 ID:lAB7GErM



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ     ★      ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミヽ
  /  ./ /       ヽ\ \
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/   ロシア革命の全期間を通して、
    | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||     クロンシュタット水兵はボリシェビキと共に戦った盟友でした。
    | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. !l
      ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃|      10月革命の時も、真っ先にボリシェビキ側に立って戦ったのが
       l \     _    ,/ |
     /l .lY` ー‐┐ r‐ イ| |     クロンシュタットの水兵達です。
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !     本編じゃ尺の都合上省略しましたけど。
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!



     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /   ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /     ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'      l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'        !   l . i'"´:: |:.:.:.:.:.!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : : :.|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r   そう言えば第六話でクロンシュタットの巡洋艦が
       ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `丶; |.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬    冬宮殿に砲撃してたわね。
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬ ¬、).:: /.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l/"´ l/_∠ |  {: : :/.:.:.:./:::::;::::ノ|    !:    10月革命は水兵とボリシェビキの共同作業だったのね。
      ヽ|l ',ヽ \!,イ´: :`ヽ '′   ,イ´ : `lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::}::! |   .!:
.        |   ト、.ト 弋:_:_:ノ       弋:__:ノ | ! |/j〈ィ'>》_ノ" !::l. !   |:
      |   l l.|. ',   ,,,,   、      ,,,,  l  ! .|:.ヾ ニフ  !::l |   |:
       |   / / | ト、     ,.、      | l| |/     ヽ:|  |l    !
.      |  / / | |_.> 、        _..-.、l l ! !         |.!   |
       !|_ノ' r":.:l l:.:.:.:.:.:.:.:ハィュヘ.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:! !ヽ、         .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:..! .l:.::/``ヾ.ニンリ.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:| |:.:./、        .! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.:.:! !;/: : \       ! l   |



     ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
     =            ゙ミ
     ミ         ★  ゙ミ
     ミ             ゙ミ
    , ミ;=======.:::゙ミ
    /  ./ /      l ト、\     クロンシュタットの水兵は革命の英雄として
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    一種の象徴的存在だったのです。
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、          /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !


943 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:49:17 ID:lAB7GErM



          ,.:-=;1ー;1―;1―,=;:、
          =           ゙ミ
          ミ     ★     ゙ミ
          ミ            ゙ミ
          ミ;=======゙ミ     レーニンは軍隊を解体して一から作ろうとしました
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,         党に忠実で信用できる軍を創造するためですね。
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\    しかし、陸軍と違って海軍は非常に専門性の高い人間が必要なので
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ     解体することができなかったのです。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/
         | |{i t    _     / |
         | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
         // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |




   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |   陸軍は赤軍に生まれ変わらせられたけど
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |   海軍はそうはいかなかったのね。
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |    で、10月革命は俺達のおかげでできたんだって
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |    考える水兵達が海軍を掌握したままだった、てとこかしら。
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |


944 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:50:11 ID:lAB7GErM




       ,.:-=;1ー;1―;1―;1―;1―;1―;1―,=;:、
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ         ★           ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ                     ゙ミ
       ミ;==============゙ミ
       〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:ヽ     k
.       / . : : .:.:|: : : : : : : .:人: : : : : : : : :',     ! :',    ボリシェビキも党員や息のかかった軍人を送り込んで
     ,'. : : : :.:.:.:.|: : :,':,'.: : / \\_.:.:.:|.: : :.! *|.:|
.    |: : :.:.: :.:.:.|.:.://.:.//  ̄ \\メ、.:.:.:!   |.:.:|    クロンシュタットを掌握しようとしますが、
.    人 、 :. :.:イ////    ,.-≠ ミ.、!.:,'   ,'.:. |
       \\:.:.:.:lYl⌒ヽ    /|  :::::::l! |/   ,': : :|    逆に水兵たちの反発を買って微妙な対立関係になっていたのです。
         l\\八 フ:ノ   ′ フ__ノ' ,'    l.:.:.: :|
        |ハ *ミ ,,`´       '' .イ  *|.:.:. |
.         ノハ  >.....__冖_ <:八     い、ヘ
      r 彡.:.:.,'     !:.|「≠介トn,、リ≠、.:\    \\\  これらの結果、クロンシュタットは一種の独立組織となっていました。
    <-=≠:/     ,'.:〈チ_/小.シ〃゙ ト、У.:.ハ.     \<
   /-=/     /.:f癶=キト込、/:.:.:.〈〉ー-ハ  ※  ∨\
    >-´  ※ //xタミⅩ彡:::ム|:.:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:',      ∨.: \
    ̄|>x、._/-_j斗'"ハ:::ハ:::/|.:.|:.:.:./\ .:.:.:.|___/\.:. /


【補足終わり】


945 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:51:25 ID:lAB7GErM



ペトリチェンコを中心とするクロンシュタット代表団がペトログラードの工場に到着した時、
代表団は工場内の異様な光景に衝撃をうけた。




       / //  彡/                    { u      \ミヾミ、ミ
.       /彡     / |  l        /         J            ヾ、ミミミ
        彡  __/ミヾ|   l         ,'           _,,.           ヾミ
.      ヽ く≪ミミヾヾ:|   ゙v       l       _∠ニ-一-         lミ
        ミ  `゙ーミ、ヾミ|   ヽ  、\ |    _,. =r''¨___   u         ljj
          ¨゙ミ、   ヾ{/,こニ'`v‐->_>'ー=<_/r<二 ラ¨ ̄          lj   (これは・・・)
             \ヾ 、\ =ラ}⌒/⌒ 、     ―- _                li
             }ミ、   |   / /    ヽ                ,....'::    l
            __/ノ/ 川{   / /    /            ,....:::::     j
         \ ̄二   ハ / /    /              ,.....':::::       /
.         ヽーミ三三彡',ノ∨ /     /          ,:'
          \    =彡/      _           '
            ヾ、ー=三∧__      〉 _
             `ミ三ニ三弋ヽ  ` ̄    \                 /








 [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|]  [|,,★,,|] [|,,★,,|]
 ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∈゚ )   (゚∈゚ )   (゚∈゚ )  (゚∈゚ )
ノ⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ ⌒[|,,,,|]
∋ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿∈゚_)
,,|]ヽ  / . ヽ  /  ヽ  / . ヽ  / . ヽ  / . ヽ  / /⌒[|,,,,|]
゚∋∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽミイ ∈゚_)
,,|] |  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿. | |  丿  | |  丿. | /⌒[|,,,,|]
゚∋ .| / .  | | /  | | / .  | | / . | | / .  | | /  ミイ ∈゚_)
[|,,,,|] .ノ    | | .ノ .  | | .ノ    | | .ノ .   | | .ノ    | | .ノ.  | /⌒[|,,,,|]
(_゚∋   彡彡   彡彡   彡彡   彡彡   彡彡..  ミイ ∈゚_)
[|,,,,|]\                                 | /⌒[|,,,,|]
(_゚∋               :('A`):             ミイ ∈゚_)
([|,,,,,,,,|]         .     :l( l): ビクビク          | /⌒[|,,,,|]
ヽ(_゚∋                 :| |:                 ミイ ∈゚_)
 ([|,,,,,,,,|]\ [|,,,,,,,,|]  [|,,,,,,,,|]      [|,,,,,,,,|]    [|,,,,,,,,|]  . [|,,,,,,,,|]/⌒ ヽ
  (_゚∋彡 (_゚∋   (_゚∋      ∈゚_)   ∈゚_)   ∈゚_)ミイ    )
 (  ⌒\ (  ⌒\ (  ⌒\   /⌒  )  /⌒  )  /⌒  ) .| ( (
 ヽヽ个彡 .ヽヽ个彡  ヽヽ个彡   ミイ  //  ミイ  //   ミイ  // |  ) )
  )). |    )). |     .)). |      | ( (    | ( (    | ( ( | //



茫然と立ち尽くす労働者を囲むように、武装したチェキストが立ち並んでいたのである。


946 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:52:46 ID:lAB7GErM




                           /   !  ヽ/´ ̄¨ミヽ、
                          /    !、 ミ!   _    \__,.
                          /    /ミヽ ミ! /,ハ  ミ  ヾミ三ニ
                     __,,. - ´ // ,/ミミミ:ヽ l ///∧    `ー=ニ
                  二ニフ   /ミミヾゞヾミ V ///,ハ
               r-―‐''¨ // / 三ミミミ,,yZM州!!宀冖''ミ\       ・・・我々は、君たちの置かれている状況を知る為にここへ来た。
                `ス=、_ミくく 三三ミ''`        _ {ミ ` ー―‐
                 \_ミ三_ゝミ、彡 !      i !  _∠_´ ヾミ 三 彡   なにか・・・
                  ーr=彡巛T { ,rェ=ェ、」 V/'宀¨ ` 「ヾ、 三彡
                   _\彡ヾミミ\ `二`λ h      ノ トソミミ≧=  たとえば、謂れのない不当な弾圧受けているのであれば、
                      /L」.}_,. >-ミ ミZニ__  ! ! :      |ミミヾミ`
                   /__ ///`ー'フ 彡ミミ=' r'._,. ┘ヽ  u jミミ三ー   正直に教えて欲しい。
                / ̄/7´ γ´彡ノソハ   /, -―-._ 、 / Vハ「
                「゙ヽ/''=ナ/¨`!/,.rー T¨ヾ彡llト ., ¨二 ̄-' !/   V`
                / ! /  !ノ  〃 ,.-ニ二_`ヾ|  >、__,./ ̄¨¨ ‐r-、
            | !「  r   7  〃ヽ _,ノ _⊥‐'´  /:.\       \
               | /l   !  〈  ノ  厂 ノ!     /:.:.:.:.:.:.:\       |
            | _!        「  / ///  ./ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\    |
               |               「,','//,ハ  /   〉―ー┬'    \ //
           」              |,','//,//| /    /:.:.:.:.:.:.|    ////
         / ̄ ̄ 〉           /,','/,///ハ     /:.:.:.:.:.:.:.|  //////
      /,',',',',',∧         /,',' /////ハ  /::.:.:.:.:.:.:.:.| ////////
    /,',',',',/,'\\      _/,',', /,/////∧ /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|/////////
   /,',',',','/,',',',',','\\   γ,',',',',' く////////V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://////////


947 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:53:41 ID:lAB7GErM



クロンシュタット代表団が呼びかけても、だれも答えなかった。




 \\                                .//
   \\      ・・・・・・・・・・・・・・・・・          //
                                            ,,,,,,,,,
  ,,,,,,,,,  , --、  ,.--、   ,.'゙´゙゙゙゙`ヽ  ,r‐‐ 、/ ⌒ヽ     ,、、、,,      [|,,★,,|,]
 [,|,,★,,|]/,,, ,, ', (!,,, ,,,l)  { ィ ‐ ‐ゝ} リo‐oリ.O Oi!    / ,ィ´`ヽ     (゚∈゚ )
 ( ゚∋゚){i`'',,'' リ {i 竺 {L,../''彡''''ミヽ、ぃ '''' j! ,r ‐、,!    {.:.!''' ''' !    lニく;ハ;;:ノコ
,lニゝ::; '"´ト、 ニ,.イ`` ヽ/   ト、.:.:.:.:.:.:.:j!  `Y´l`ヽニ/ 「``ヽ''´l L二ソト、、,,  .|:i:::f:::::::::i::l
  i .   |/^V   ./ ;   l/ヽ,;,;,;,ノ  i i l/ ゙゙\|  , i l/ ⌒ヽ|  ヽ |:|:::|:::::::::|::|
  | |        l  |         |  !         i |         i !|:|:::|:::::::::|::|
  | |        |  |          |  |         l |       ,' !.l_l:::|:::::::::::::|」
  | l.          |  |          |  |         | |       i |
  ヽj           |  |          |  |         | |       l |
   |         L__|          |  |         | |
   |         ノ |          「 「       「 1



労働者達は、代表団を偽装したチェキストだと思ったのだ。

ボリシェビキは反対分子を炙り出すために、何度も「代表団」を偽装して意見集会を行い、
後で発言した労働者を逮捕連行したのである。


948 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:55:04 ID:lAB7GErM



代表団は正式な書類を掲げて見せ、自分達を信用するよう呼びかけた。



       / //  彡/                    { u      \ミヾミ、ミ
.       /彡     / |  l        /         J            ヾ、ミミミ
        彡  __/ミヾ|   l         ,'           _,,.           ヾミ
.      ヽ く≪ミミヾヾ:|   ゙v       l       _∠ニ-一-         lミ   私たちは君たちを騙しに来たのではない!
        ミ  `゙ーミ、ヾミ|   ヽ  、\ |    _,. =r''¨___   u         ljj
          ¨゙ミ、   ヾ{/,こニ'`v‐->_>'ー=<_/r<二 ラ¨ ̄          lj   クロンシュタットの同志達はペトログラードの真実を知りたいのだ!
             \ヾ 、\ =ラ}⌒/⌒ 、     ―- _                li
             }ミ、   |   / /    ヽ                ,....'::    l   君たちは言葉を失ってしまったのか?
            __/ノ/ 川{   / /    /            ,....:::::     j
         \ ̄二   ハ / /    /              ,.....':::::       /   我々はクロンシュタットの同志達になんと報告すればよいのだ?
.         ヽーミ三三彡',ノ∨ /     /          ,:'
          \    =彡/      _           '
            ヾ、ー=三∧__      〉 _
             `ミ三ニ三弋ヽ  ` ̄    \                 /




だが、それでも、労働者達は一言も発することはなかった。




      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ   .l ト、 N l  ル' .ニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1        1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | |   |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft||    |.|    .|f リ    ・・・・・・・
   ノ 'ー|! `!  .L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|!  ‘ー-‐'  ..ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l   .ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |



彼らが代表団ではなく、自分達を取り囲むチェキストに視線を送り・・・


950 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:56:28 ID:lAB7GErM



そして、その頬を涙が伝った時、代表団は真実を悟った。





      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ   .l ト、 N l  ル' .ニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1        1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| =ゝ, .<ニ |.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||   u .| | U |   ||L|lヽ.○./ vヽ.U .ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| | |  |.| u   .|f リ
   ノ 'ー|! `!  .L_」 or1   |`7|!rー'‘‐~‐'u‐-|   |h||`U-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l. U '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~O !   ゙ー|!  ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l   .ー‐   ,l   rー:l u -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |






                                __-‐- 、
                              ,,,,/′  ゙マゝ    ____,,,,、
                            ,,ィク          ̄ ̄    ヽ、
                         ..r‐"    'ニ..-ー 、   ,-ー、    ヽ
                      __ょf''"    /ミミミヾミ ヽ  ////ハ     ',
                   丶'广     ./三ミミ ヾゞヾミ. V // /,ハ、    ',
                     '''、    /三ミ'' ̄ ̄" )tl宀l冖'冖テ=⊥ ^ゝ、  ヽ、
                      ゝ、   i三三ミ|!     '、  ′     ハ ¦ `- ゙ゝ、
                      ヘミ三ゝi|Ll{_|ー-ニ,,,__ i〉 j'|__,;:=-‐'''''.l . `\ `ー=ニ
                       ヽ彡_](l(,''{弋テヘ.} リ厶u|ェ代ア¨フ+.lミ 三 彡
                     ーr=彡巛T {/      ::::l` /       lヾ、 三彡     (彼らは鞭で調教された畜生の如く、
                          \彡ヾミミ|      :::::l /′     ,'トソミミ≧=
                       >-ミ ミZ      _  i ゙,' 、、  U ,'ミミヾミ`        恐怖で声を出せないのだ・・・
                           フ 彡ミミ〕  ゙  ,,r'._,. ┘ヽ u  ,'ミミ三ー′
                             彡ノソ介    /, -―-._ 、  ノミミヾミ`        その鞭が振るわれたのは、一度だけではあるまい)
                               ヾ彡llヘ、   ¨二 ̄-' ! /トソミミ≧=
                          `ヾ| ゙ヽ         / Vハ「、
                              ァー 、__ ヘ 、    _ノ'´V`、
                               /   `゙''''キtョゥvlf" _,,....ぇ


951 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 22:57:47 ID:5flUGBuc

友情だの愛だのといったものはすぐ壊れるが恐怖は長続きする
                                     やる夫


952 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:58:05 ID:lAB7GErM



しかし、ペトリチャンコによれば、この時一人の勇敢な労働者が、
代表団に向かって声を上げたという。




                       , .:'" ' .  ‐ 、
                     /         丶、
                      ,.             \
                   /          :::::::::  ヽ
                       ′             :  ',
                   i  #    /     \   i  ・・・俺は、あんた方がここからいなくなったら、
                    l      /        \  |
                     |                  j  自分の身の上に何が起るかを承知してる。
                    ´i   ( ::: )  /\     /
                   い、     / ̄ ̄\    ´   それでも、俺はあんた方に本当のことを知らせなきゃいけない・・・
                    V    /       \  |
                    }::!                  /
                        ゙1 丶          /
                          |   \       ./
                     !     丶.    /
                      ノ          `T ´
                 .  ´          l
          ,. -―  ´    __    \    | \
           /             ̄  ‐-\     丶、
         .′           ,. -‐       `   ----丶
         i           /                    `ヽ、
        l              ′           、       ヽ






             ,r-──-、
           /      ヽ_
          /        〉l^l^)         俺達にはこの冬に着るものも靴もない・・・
          l  /  \  //ノ ソl
          ハ  /\    /   /        俺達は精神的にも肉体的にもテロられてるんだ!
         /   / ̄ヽ  l    lヽ
        /  ヘ \_    ム   イ  `ー─-、    監獄に行って、どれだけ多くの仲間が逮捕されたか知って欲しい。
       /   /       ´ |   .l    /   ∨
      /    /   ヘ     l   |   ,'     l   俺達は資本主義のスパイなんかじゃない!自由が欲しかったんだ!
    .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ
      /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l
    /     l  ノ   ヽ   |        /  }
   ∧     / ,〆     ヘ  l      /   l
    ヽ、_,ノ'´         ∨l      /   ノ
                 ', |     /    ,'
                   ト、   ノ     ノ


953 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 22:59:20 ID:lAB7GErM



          ____
          /      \
         /ノ(  /  ヽ ヽ          クロンシュタットの同志達!
         | ⌒    /|   |
         ヽ     / ̄|  /          10月革命の日を忘れていないなら、
         \     _/ i |i |
         /⌒      ヽ | || |  |      あの時の理想を忘れていないなら、声を上げてくれ!!
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
      || || ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)




                    ,, -‐ 、
                   /'    ヽ
                   ./      i
                 /    ...........i
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /   ..:::::::::::::::|
     |   /      ::/  ..::::::::::::::::::l
     |          :::./  ..::::::::::::::::::::!
     |      /\ /  .::::::::::::::::::::/           ボリシェビキに、
     \    / ̄ ̄/   .:::::::::::::::::::/
      |.     . ./  .:::::::::::::::::::/            「もうたくさんだ」って言ってやる時がきたんだ!!
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|              自由に選出されたソヴィエト万歳!!自由なソヴィエト・・・
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


954 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:00:12 ID:lAB7GErM




    ,.:::-=;1ー;1―;1―;1―,=;:.、
   =              ゙ミ
    ミ       ★       ゙ミ
   ミ      チェカ     ゙ミ
    ミ              ゙ミ
    ミ;========= ゙ミ
   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
  / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|      <                       >
 | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|     <  終了だ!!代表団は帰島する!!>
 | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::|     <  集会は終了だ!!          >
 | :    | |  |:::T::::| !      .::|      <                        >
 \:    ト--^^^^^┤      丿       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV






          /      _   !  _._  `ー=ニ ` 、
          /     /ミミミ、  ! ////∧、  ヾミ三ニ─´ _ .
        / ノリ   /ミミミミゞ ! l//  `ミミヽ、 _        /
      |  //  /ミミヾゞヾゞV      ミミミ .、¨_¨─ ´ _
       |    /ミミヾゞヾゞ        _..',Y ∧   ̄ ¨/
       |   /三ミ           /   ',Y   〉 ─ ´
      ー .ヽ彡     i   i   イfェュf´   |) ./ミミミヾ、      まて!彼の話をっ・・・・!
        ノノ〃ヽ´"fェュ、     ''"´    ノ|¨ゞゞ、三=='
      -=彡≡彡   `¨´ i         /  |ハゞゞニ='
        ミ三=´川ゞ   i      /   .| ヽ  ̄
           川ゞゞ、   、   _ .     /  .∧ _
           ヾll| ゞゞヽ i`  ._.   /  ./ ∧ヽ
             ゞ  ` ヽ、_¨-―- ./ ./   .|: :\
                   lハ 、_ .´ /    l: : : :| ¨ ・ .
                      /| \   /      l: : : :|: : : : : : `: ・  .
                 //: :|.  `_´         /: : : ::|: : : : : : : : : : : :
                /: :/: : |  /:::::`:...、    ./: : : : : |: : : : : : : : : : : :




2月28日、代表団はペトログラードを後にする・・・


955 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:01:15 ID:lAB7GErM



      /:::::::::::::::::::::::::::::::    ::: ,; ノ:.:.:.:.:ヾ:::::::|
     /:::::::::::::::::::::::::::   , __/"~:.:.:.:.:.:.:.:.:! ::::::|
     |::::::::::::::::::::::::  /",/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :::::|
     |::::::::::::::::::::: /´ '~:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:λ ::::y
     ヾ:::::::::,__::: /"      :.:.:.:.:.:.:.:.     | :::/
      ヽ:::::/__ヾ,| 一ー-、__      , .-‐、|:::/
      ヽ:::i/;;; ヘ、__ゝ-‐―--、__  ,-‐―-、и
       ヾ ;;;;  :.:.:.:|      リーf    ノ/     クロンシュタットの連中はようやく帰ったか。
        ヾ、  :.:.:.:.ゝ------‐":.:.:.|`ー-‐"y
        λヽ、 :.:.:.        :.:|    |
         ヾ~`|, .:.:.        , .j    .i      では、総仕上げいこうではないか諸君。
          yゝ:.:.:   _          /
           | ヽ:.:.   `ー‐-----   /
           |:.:.:ヽ.:.      __   /        私の街を荒らしまわったツケを、払ってもらうぞ・・・
          Y、_.:. ヽ      .:.   /
          || `‐-、_y_        /  |、_
       /~ |‐-、_   " ̄ ̄ ̄ ̄´ノ´~|_;;;;; ̄`ー-、_____
_,-‐――";;;;;;;;;;;|、  ~、__ ̄`、. /´ /λ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ、_     `ー、_,_//"~|;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `ー----フ´  λヽ'   |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      /    |ヾ ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /      ヾ|  \ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;










代表団がペトログラードを去った直後、市外に待機していた赤軍が見計らったように市内へなだれ込み、
労働者達の、最後の抵抗が粉砕された・・・




        ,   r--ュ r--ュ「77!                                     rュ
777777l  ./l|  l///| !//////|―ュ         r-‐ュ_  j               r-ュ   」/l
//////|////! __ |///| _l//////|///|        j7////77|       !777ェ   r='7//l|   l//|l
///////////lイ/ト|///|l///////////lェ「77ヽ==='////////トt-=-=-l////ト=-'7/////l|-==イ///-=
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


956 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:02:18 ID:lAB7GErM



          _   , - ‐ -  .
       . : ´  `        ヽ
.       ´                  \
    ′                     \
.   /       / ./  / ‘           ‘ .,
  /./  :| /  ./ ./ ./ \‘,     、     ,\
  l/  :| /_ // /   `'_,.. \  ‘,  ‘, l
.  ,’   l//斗≠、_, 、 ,ィfテ㍉`l ‘, ' l. : l、|    同志ペトリチェンコ、
.  l  ヽ‘, 仍爿    杙乃 lヽ、 , .l  l、|:|
  l   、\               l リ 〉l    l :|     ペトログラードの様子はどうでしたか?
.  ‘ l ' \`‐   、 _     / , ’, :l :l ./
   ‘,.l ‘ 八`   r ‐ 、   /¨l  l l//
    ‘ヾ‘,ヽ \. .  - '  ./ / / /
      ..''"´  l 、   イ / ̄ ̄ ̄|
      ,∨   /     /    _..
    ..< ’ , ´-‐l    l',  <


957 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:03:03 ID:lAB7GErM



                 / rミ''^'''〃      ノ
                 / / 「  /「 \     `{
                   く_└ }ト┴'  /::¨ヾフ  '┐    この目と耳でしかと真実を見極めた。
                 `'y,j    l::  l\  -<
                        く_       l! |\ー'チ   ・・・一人の労働者が、命を懸けて私に真実を教えてくれたのだ。
                   └'`'〒´  _, r'  ノ::_,>く_
                      └ュ''_r一''´ _,.-―
                      _ノ/`ヽ  /
                   _,「 ̄ / {__,ノУ
                /´ _> // | /   _,.-''
                    /   く  //  |/   /
                  L  、  | |/  / /
                    ノ  | | | /  /
                 /   」   ||/ /
                  /   /   | |//
                 /   〈  _,.オ7′




          /      _   !  _._  `ー=ニ ` 、
          /     /ミミミ、  ! ////∧、  ヾミ三ニ─´ _ .
        / ノリ   /ミミミミゞ ! l//  `ミミヽ、 _        /
      |  //  /ミミヾゞヾゞV      ミミミ .、¨_¨─ ´ _
       |    /ミミヾゞヾゞ        _..',Y ∧   ̄ ¨/
       |   /三ミ           /   ',Y   〉 ─ ´          彼らは反革命分子などではない。
      ー .ヽ彡     i   i   イfェュf´   |) ./ミミミヾ、
        ノノ〃ヽ´"fェュ、     ''"´    ノ|¨ゞゞ、三=='        真の革命的プロレタリアートだった。
      -=彡≡彡   `¨´ i         /  |ハゞゞニ='
        ミ三=´川ゞ   i      /   .| ヽ  ̄           労働者階級の自由のために、戦っていたのだ・・・!
           川ゞゞ、   、   _ .     /  .∧ _
           ヾll| ゞゞヽ i`  ._.   /  ./ ∧ヽ
             ゞ  ` ヽ、_¨-―- ./ ./   .|: :\
                   lハ 、_ .´ /    l: : : :| ¨ ・ .
                      /| \   /      l: : : :|: : : : : : `: ・  .
                 //: :|.  `_´         /: : : ::|: : : : : : : : : : : :
                /: :/: : |  /:::::`:...、    ./: : : : : |: : : : : : : : : : : :
             /: : : /: : ::| ./|::::::::::::/ \  /: : : : :: ::|: : : : : : : : : : : :
           . : ´: : : : :/: : : ::|/ |::::::::/.   `/: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : :
        /: : : : : : : / : : : : |   〉::::〈     /: : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : :
        /: : : : : : : : :/ : : : : : |  /::::::::|   /: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : :
     /: : : : : : : : :〈 : : : : : : | /::::::::::|  /: : : : : : : : _:.´: : : : : : : : : : : :


958 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:03:49 ID:lAB7GErM



三三ニ"    丶ミ三
三三彡"     `ヾ〉〉
三三オ         :|リ
ヾ:オ´   -‐、     |リ
 ミ     、 ヽj  j
    ',    `''= ゛〈
           ',    ・・・・・・・
     /   , '   _ >
        _ . . 、-´
`丶  ',   `¨ >ム 、
>./丶 _  :l  ` ム 、
   >、   ¨     ` ム 、
  /:ヽ \
ヽ〈:::::::〕,: : l>.
: :∧::::::l ',: :l : :>.
: :: :∧::::\: :\: :∧
: : : : ∧::::::\: :\: :\



      ィ==≦三三三ヽ、
    三三三三三三三三三ヽ
    l三彡オ´   `¨ヾニニニミミ
   /:三リ´             `リ
  三三三    ‐ ‐ 、   ,  、 ミヽ、
  三三三    ィtラぇ‐´丶<不 ミリ
  イ三三リ     ` ¨ ´     ` :ミ     で、どうするんだ、俺達は。
 三/`ヽリ   ' ,     〈 r  :ッ .〉
  `{    `           -、 . , l     その話が本当なら、その労働者はタダじゃすまないだろうな。
  ‘,        ,'  /-‐- '.l
   ‘ ,/、      '  , -‐ " ¨ "<> .   おそらく今頃牢獄の中だろうよ。
.     ヾ|‘,              l `'<>.
       l ヽ                j      `'<>
.        l  ` 、        /
        l              ヽ´
.        l             ', ..
         l       _..<   ∧、
       /:l   _..<         /: :\  _
     /l  ` .           /: : : : :`l: : : : :`. … ― ― ‐ - - ‐
    /: :l  /::::\         /: : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  /|: : ::l ./:::::::::::::\     /: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


959 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:04:38 ID:lAB7GErM



;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,,ヘ!/ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;/;;;,;;!;;;,;;;,ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,/;;;,;;;,;;;,!;;;,;;;,;;;ハ
;;;,;;;,;;;,;;;,/ ̄ ̄"/"    "ミ、;;;,;;;,ハ
;;;,;;;,;;/    /"       / ` ー ヽ
;;;,;;;/|    " ̄ヾ、   |   i /;;;,;;;,;;;,ヘノ
;;;,/. i       r-ェ-y-'、 y=';;;,;;;,;;;,;;;,/      ・・・今の政権が間違ったことを行っているのなら、
;/、 !    、.  `  ゛ / .ヽ|;;;;;,;;;,;;;,;/.
'  ヽ.、 .  ヾ、       、;;;,;;;,/        その責任は我々にもある。
ハ          ヽ    ,>   y;;;<
;,ヘ        /  "- l/フ'.          あの日、彼らを権力につかせたのは、我々なのだから。
/ ヽ        / ______l |/;;;,/
   ヽ.     -"―--ノ
     ヽ   ⌒ " ̄!/
`\  ー '"ヽ____/
`ヽ `ヽ、    |




                                __-‐- 、
                              ,,,,/′  ゙マゝ    ____,,,,、
                            ,,ィク          ̄ ̄    ヽ、
                         ..r‐"    'ニ..-ー 、   ,-ー、    ヽ
                      __ょf''"    /ミミミヾミ ヽ  ////ハ     ',
                   丶'广     ./三ミミ ヾゞヾミ. V // /,ハ、    ',
                     '''、    /三ミ'' ̄ ̄" )tl宀l冖'冖テ=⊥ ^ゝ、  ヽ、
                      ゝ、   i三三ミ|!     '、  ′     ハ ¦ `- ゙ゝ、
                      ヘミ三ゝi|Ll{_|ー-ニ,,,__ i〉 j'|__,;:=-‐'''''.l . `\ `ー=ニ
                       ヽ彡_](l(,''{弋テヘ.} リ厶u|ェ代ア¨フ+.lミ 三 彡
                     ーr=彡巛T {/      ::::l` /       lヾ、 三彡
                          \彡ヾミミ|      :::::l /′     ,'トソミミ≧=
   私たちは、             >-ミ ミZ      _  i ゙,' 、、    ,'ミミヾミ`
                           フ 彡ミミ〕  ゙  ,,r'._,. ┘ヽ    ,'ミミ三ー′
   革命の水兵として             彡ノソ介    /, -―-._ 、  ノミミヾミ`
                               ヾ彡llヘ、   ¨二 ̄-' ! /トソミミ≧=
   責任をとるべきだと思う。        `ヾ| ゙ヽ         / Vハ「、
                              ァー 、__ ヘ 、    _ノ'´V`、
                               /   `゙''''キtョゥvlf" _,,....ぇ
                         /ヽ        ンf'三   ヘ、
                           /  \     ノ"´ ̄"ヽ   l ',
                         ..‐'',     ヽ、  _/ヽ、    lヽ、 l ヽ
                  _....-‐''"   ',      \/  ヽ     l  ゙┤ 卜、
            .......-‐'"´        ',        ヽ   ゝ"゙'┤   l   ヽ  "ー-...._
      ,,......-‐''''"              ',        丶  ,'   ヽ  l    ヽ     ``ー-_


960 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:05:24 ID:lAB7GErM



この頃、レーニンは深刻化する都市部の飢餓と農村問題を一挙に解決するために、
非常に大胆で強烈な政策案をまとめ上げ、党中央委員会に発表した。



                ,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,
                [|,,,★,,|]   [|,,★,,|]     ,,,,,,,,,,,
               ( ・∀・)  ( ゚Д゚,,)    [|,,★,,,,,|]
             ,,,,i^i ̄(iノ '^:^')  /~^:^~ヽ   (∀` __)\
            [|,,,,★,,|] |  ,l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:`´ [|,,★,,,,,|]
        /(,  ・∀) _/            \ (∀` __)\
       [|,,,,★,,|] `´:l/                  \l:`´ [|,,★,,,,,|]
     ,/(,  ・∀) ,/                      \ (∀` __)\
   [|,,,,★,,|] `´:l/                      \l:`´ [|,,★,,,,,|]
 ,/(,  ・∀)⌒/                            \ (∀` __)\
 i^i (  `´:l/                                 \l:`´ ~,) i^i
 | | (   ⌒ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒   ,),,| |
 | | ̄ ̄(__|                               l_ ) ̄ ̄| |







     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ    同志レーニン・・・これは・・・
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


961 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:06:02 ID:lAB7GErM



                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{     ほほう・・・
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\
 全ロシア中央執行委員会議長
      ミハイル・カリーニン


                                      /       ,_,              ',
                                      /       ( l 、            ',
                                      l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l
                                      l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /
                                     │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
                                      | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ
                                      l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )
                     なんと大胆な・・・       ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /
                                       ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _
                                          _ノヽ\    -    , '// \   )
                                          `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
                                       , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
                                     , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
                                   //      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
                                   ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
                                        ボリシェビキ政治局員候補
                                            ニコライ・ブハーリン


           /l     、
         / |,,_   / l
        /   :::::::~-'  l
       /   ::::::::::::    l
       /  「●」::::::::::::::  |   レーニン、こんなものをいつの間に・・・
       l   :::::::::::::「●」  |
      |   ::::::::lゝ::::::::::  |
     l   ::::::::::::::::::::::::::  |
     |  ::::::::::::::::::::::::::::::::  |
   ボリシェビキ政治局員
       レフ・カーネメフ


962 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:07:04 ID:lAB7GErM



それは、大幅な農民への譲歩と私的商業の復活を含む戦時共産主義からの大転換・・・



               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|    目下、全土を呑みこみつつある社会不安と飢餓を
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|    克服するには、この政策を実行に移す以外に方法がない。
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.    これを来る党大会に提出し、採決を目指す。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


重工業重視から、農業重視への大きな政策転換・・・


963 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:08:35 ID:lAB7GErM




                          ――― 新経済政策(ネップ)と呼ばれるものであった。






              ┌────────────────┐
              │                       .│
              │        新経済政策        │
              │                       .│
              │          N E P          .│
              │  Novaya Ekonomicheskaya Politika.....│
              │                       .│
              │〓〓〓 〓〓〓〓 〓〓 〓〓〓〓〓〓.│
              │〓〓 〓〓〓〓 〓〓 〓〓 〓〓 〓〓 .│
              │〓 〓〓〓〓 〓〓〓〓〓〓〓 〓〓│






新経済政策は党中央委員会で採用された後、党大会に提出されることが決定された。


964 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:09:30 ID:lAB7GErM







そしてその直後、クロンシュタットから衝撃的な報告がはいる・・・




                         |\     /\     / |   //  /
                       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                       \                     /
                       ∠        なに!?        >
                       /_                 _ \
                        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                         //   |/     \/     \|


965 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:10:04 ID:lAB7GErM





  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.     それは確かなのか!?
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三



  ,.:-=;1ー;1―;1,=;:、
  =         ゙ミ
  ミ      ★  ゙ミ
  ミ          ゙ミ
 ミ;======ミ
  /  ●   ● | 
  |  U ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )    はい同志!
(___)   / (_/
 |       /         確かに確認しましたクマ!
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


966 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:11:14 ID:lAB7GErM





                                              ,.:-=;1ー;1―;1,=;:、
                                              =         ゙ミ
                                              ミ   ★     ゙ミ
                 \人_从人__从_从从从从人__从人_人从ノ/  ミ          ゙ミ
                                             ミ;======ミ
                     クロンシュタット要塞で叛乱発生!    | ●   ●  丶
                 叛乱軍は要塞を完全に掌握した模様!!   ミ  (_●_ )  U |
                                            /´、  |∪|   、彡
                 /Y⌒YW⌒Y⌒WWWWW⌒⌒YW⌒WY\   ( <`丶 ヽノ  __\
                                            \_) 丶   (___)
                                                丶       |
                                                / /\  |
                                                (  (    丶 |
                                                /  )    ∪
                                               (_/







【第十四話 失望と叛乱と妥協 終わり】
                                           第十五話 栄光のクロンシュタット に続く・・・


967 名前: ◆J7qCZtZxmc:2011/12/12(月) 23:12:56 ID:lAB7GErM

今回はここまでです
次回でクロンシュタット叛乱をやります

もう少しだけボリシェビキ滅亡の危機が続くんじゃ


968 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:13:53 ID:sBc9Nibs

乙乙! 帝政ロシアが笑えるくらいの専制と地獄が繰り広げられてるな。
だがまだ入り口でしかない・・・

ドイツ革命もだけど、水兵は革命に縁があるな。
逆に陸軍は比較的忠実だけど、その分寝返ると強力だ


969 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:14:20 ID:5flUGBuc


ネップとほぼ同時期だったのか


970 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:14:29 ID:S53gOx92


やる夫空気w


971 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:15:21 ID:3WgHH3wM

乙ー
これがどうして生き延びられたのか不思議でならないw


972 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:16:24 ID:k/2syQaI

乙乙
まぁやる夫が空気なのは仕方ないw

そういえばレーニンユダヤの血も入ってたっけ。祖母がモンゴル人(カルムィク人)なのは知ってたが。
……こうしてみるとボリシェヴィキの首班って「ロシア人」いなさ過ぎだよな


973 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:17:24 ID:5flUGBuc

>>970
やる夫はこの時点じゃまだ幹部の一人くらいだから
彼が本性をむき出しにしだすのはもっと先の話


974 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:21:30 ID:RFPJM8jE

鉄道労組が革命の強固な母体だったり、百姓が実に伝統的で保守的だったり、海軍は粛清が及ばなかったり、とこの辺日本の近現代史にも色々通ずるところがあるなぁ


975 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:26:53 ID:RhwVwAzo

乙でした
ソビエトって、本当にギリギリの綱渡りばかりしてたんだなぁ…


976 名前:クリスマスに短編祭りだお!:2011/12/12(月) 23:30:13 ID:CKk1UBx.

乙です
ボリシェビキは毎回がクライマックスだなあ

元スレ
やる夫は赤い皇帝になるようです 第三次五ヶ年計画
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1319549855/










名無しのやる夫さん >>URL

そういやエジプトの奴隷制度と同じだ!、って言ってるけど実際のエジプトの奴隷達の待遇ってそんなに過酷じゃなかったりするんだよね、休暇あったり身分買い戻し可能だったりするし・・・。

Edit | 2011/12/24(Sat) 04:15:00

>>URL

No title

↑当時は本当に字面通りの「奴隷」だったと思われてたはず
実際の待遇が解ったのはもっと後だったと思うよ

確かこのころの逸話だったかな…
飢餓に耐えかねた人々が生まれたばかりの赤ん坊を
母親から取り上げてゆでてスープを作ったっていうの
でも反対する人はいなくて、食材が何か知っていながらも
皆黙って配られたスープを飲んだとか

Edit | 2012/03/27(Tue) 02:49:25